グランビルの法則の見方・使い方

グランビルの法則とは?

グランビルの法則とは米国のジョセフ・グランビルというアナリストが編み出した投資手法です。(グランビル自身は投資家ではなく、金融記者で株式アナリストをしていました。)

この法則は株価移動平均線との位置関係に注目したもので、もともと株の売買ポイントを探すために考えられた手法です。買いと売りのポイントをそれぞれ4つにパターン分けしているところに特徴があります。

ちなみに、移動平均線も、ジョセフ・グランビルが1960年代に考案したものです。

移動平均線は、一定期間の価格の終値から平均値を求め、それを線でつないだものです。世界で最も広く使われていると言っても過言ではないほど有名なインディケータです。

株式投資だけでなくFXにおいてもグランビルの法則はかなり使えます。

グランビルの法則は、移動平均線を活用したものなので、チャートに移動平均線を表示できればすべての取引に適用可能だからです。

この法則を理解することが、トレードする上での強い武器になる

なぜ「グランビルの法則」を理解することがトレードする上で強い武器になるのか?と言えば、シンプルに世界中のトレーダーが知っている法則だから、です。

「グランビルの法則」は売買のタイミングを判断するための基本であり、多くの種類があるチャート分析の中でも最もシンプルな手法として、無数のトレーダーが利用しています。

グランビルの著書、『グランビルの法則』が書かれたのは1960年なので、現在から50年以上前に発明された分析法なのですが、この法則を多くのトレーダーが理解し、法則に従いトレードする人が今も多くいます。

日本の個人投資家はテクニカル分析を重視する傾向がありますが、使うテクニカル指標はマイナーなものでなく、出来る限り多くの人が見るものを使うべきです。

相場は人が動かしており、大衆が動くと思った方向に相場は動くものだからです。

ですので、テクニカル分析を広く浅く学ぶよりも前に、グランビルの法則を徹底的に勉強しておいたほうが良いものと思われます。

グランビルの法則を簡単に解説

「グランビルの法則」は移動平均線を使ったチャート分析の基本となります。

株価と移動平均線との関係を分析した8つのチャートパターンで成り立っています。

8つのパターンを判定するときに注目するポイントとしては、「移動平均線の傾き」や「移動平均線と株価の乖離(かいり)」、「移動平均線と価格のクロス」といった点が挙げられます。

移動平均線の傾きによって、上向きか、横ばいか、下向きか、長期トレンドをみます。また、移動平均線と株価の乖離の仕方や方向性を見ることで、「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」という相場の行き過ぎを推測して、株価の先行きを判断する材料とします。

この法則を使えば絶対勝てる!という法則は存在しないのですが、いろいろなパターンを知っておくことで、チャートの動きを多角的に分析することができるようになります。

8つの売買法則「グランビルの法則」

4つの買いパターンと4つの売りパターンから形成されているのが「グランビルの法則」です。

この8パターンはしっかりと覚えてください。これだけで、相場を渡り歩くことも十分に可能だと言えるぐらい、グランビルの法則は基礎にして最強のチャートパターンです。

【買い】
①横ばい or 上向きに転じた移動平均線を現在値が上抜けしたとき
②上向きの移動平均線を現在値が一時的に下抜けしたとき
③上向きの移動平均線近くまで現在値が下落したとき
④下向きの移動平均線から現在値が大きく離れたとき

【売り】
⑤横ばい or 下向きに転じた移動平均線を現在値が下抜けしたとき
⑥下向きの移動平均線を現在値が一時的に上抜けしたとき
⑦下向きの移動平均線近くまで現在値が上昇したとき
⑧上向きの移動平均線から現在値が大きく離れたとき

移動平均線の使い方で教えてもらう「ゴールデンクロス」はグランビルの第1の法則、「デッドクロス」はグランビル第5の法則に該当します。

グランビルの法則だけで勝率利益もアップすることが可能です。

一番使いやすいのは・・・

グランビルには8つも法則があるので、これをいきなり全部使いこなそうとするのは大変かもしれません。

なので、このシグナルの使い方はある程度、絞っておいた方がいいと思います。

この中でおそらく一番使いやすいのは、①買いシグナル2(押し目買い)と⑥売りシグナル2(戻り売り)だと思います。

なぜこの2つが使いやすいのかと言えば、どちらも反発を確認した後のエントリーで、エントリーサインも移動平均線を使って判断できるので、わかりやすいからです。また、もし予定外の動きとなっても、押し目エントリーなので、ストップを置く場所もわかりやすいですし、比較的近くに置けます。

サインがわかりやすく、ストップ幅も小さく抑えられるというのが、この2つのシグナルをおすすめする理由です。

BNFさんが愛用していた乖離率

移動平均線と株価の乖離を示す値として株価移動平均乖離線(乖離率)というテクニカル指標があります。

個人投資家として株で大成功を収めたBNFさんはこの「乖離率」を用いた逆張り手法でリバウンドを狙い資産を築きました。

「グランビルの法則」をしっかり理解した上で移動平均線を活用できるようになると良いと思います。

グランビルの法則の勝てる使い方

主に、グランビルの法則はトレンド相場で威力を発揮する手法です。

ハマればグランビルの法則と移動平均線だけで十分に勝てます。なので、インジケーターは、移動平均線だけでも大丈夫です。

トレードで勝つ為に、グランビルの法則をより深く知りたいと思ったら、移動平均線についてもっと深く知ることです。

移動平均線の期間について

グランビルの法則は、どの取引スタイルでも取り入れることができます。

移動平均線にベストな期間設定はあるのか?と聞かれれば、トレードの種類によって異なってくるので、あなた好みのトレードスタイルによって変わるものだと答えます。

一応、「200日の移動平均線」を使うのがノーマルな使い方ではあります。

なぜなら、グランビルが、日々線と200日移動平均線を利用していたからです。ですので、グランビルの法則が最も機能するのは、200日移動平均線を使った場合というわけです。

スイング(数日~数週間の取引)の「1~4時間足」で「200期間の移動平均線」これが基本となります。

とは言え、中長期でスイングトレードをするという方なら良いでしょうが、それ以外で200日移動平均線でトレードするとなると、少々設定期間が長すぎます。

そんな時には、25日移動平均線を使うのが良いと思います。

グランビルは200日を使っていましたが、一般的に移動平均線は、平均期間の異なる複数の移動平均線を組み合わせて使うことが多いです。

5日移動平均線25日移動平均線、あるいは75日の移動平均線などが多く用いられます。

たった1つの平均線のみで判断しようとすると自分に都合よく判断しがちになりますが、複数の線を使うことで、客観的に判断することができるようになります。

短い足で使うとダマシが多くなる。

グランビル法則の売買サインにも、もちろんダマシはあります。そのダマシをいかに排除していくのか?それこそが、手法であり、使い方というものです。

「グランビルの法則」といえど万能というわけではなく、使う際には工夫が必要とされます。

ある程度長い期間の動きを捉えた方のが、ダマシは出にくい傾向にあります。一方で、スキャルピングで使う1分足や5分足の短い足の場合は、ダマシが出ることも多いです。

スキャルピングのような超短期トレードだと、グランビルの法則を当てはめる対象が小さい波になります。小さな波は、小さなノイズでも影響を受けてしまうため、どうしてもスイングのような長いトレードに比べると、ダマシが出やすくなってしまいます。

よりダマシを少なくするためには、オシレーター系のインジケーターを入れると良いでしょう。

移動平均線はトレンドの勢いを表すトレンド系のインジケータですので、違う動きをするオシレーター系のインジケータと組み合わせることで、エントリー精度を上げることができます。

オシレーター系のインジケーターを入れるのであれば、MACDRSIストキャスティクスなどを利用してみてください。

なお、ダマシにあってしまったときには損切りを、シナリオが崩れたタイミングで決済する、ということが大事です。

グランビルの法則の精度をさらに高める方法

グランビルの法則はダウ理論エリオット波動などと組み合わせて活用することができます。

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価する方法です。私の場合はトレンドの確認にダウ理論を使っています。

なお、詳しくはダウ理論はFXの常識の記事でまとめてあります。こちらも参考にしてください。

「グランビルの法則」は、知らないと損する?

トレードの基本ともいえるダウ理論グランビルの法則は、トレーダーであれば、誰もが知っておくべき常識です。

グランビルの法則を利用した売買手法は、数ある手法の中の一つに過ぎませんが、移動平均線を利用した手法としては最もシンプル使い勝手の良いものです。

ですが、実際には、なかなかうまく使いこなせないという方も少なくありません。

単なる知識として、「グランビルの法則」を知っているだけで勝てるほど、相場は甘くありません。全てのシグナルを取りに行くと失敗します。

グランビルの法則にも欠点というのはあるので、その点をきちんと踏まえて活用していくことが必要です。正しい使い方を覚えれば、勝率は上がるし、年間利益も増えます

まずは、自分で取りたい値動きを考えてみて、それを取るための補助としてグランビルの法則を上手に使いこなすことを考えましょう。

ぜひ「グランビルの法則」をしっかりと理解して相場観を養ってください。

グランビルの法則 本

グランビルの法則をきちんと勉強したいと考えている人は、インターネットの情報の他に、もっと書籍の情報を活用してみましょう。

原点とも言えるグランビルの投資法則―株価変動を最大に活用する戦略 (1962年)以外にも、


【FX手法】グランビルの法則だけで勝てる方法

といったが参考になるかと思います。

グランビルの法則をうまく使いこなせていないとしたら、その理由として考えられることは、

そもそも移動平均線には遅効性があることを理解しておく必要があります。グランビルの法則に過度の期待を抱くことは危険です。また、移動平均線の角度というのは微妙なところがあり、個人的な主観が入るものだということです。

投資で成功するために必要な武器はたった一つで十分

きちんと機能する売買ポイントをたった一つ作ることができれば、後はそれを繰り返すだけで資産を構築することが可能です。

投資初心者の場合、チャートの動きをみているだけでは、なかなかそれがグランビルの法則が該当すると判断することはできません。

きちんと見極めるためには、ある程度の慣れが必要です。

説明を見た時には、勝てるように一瞬思えるけれど、リアルでは上手く使いこなせないことも多いです。

そんな投資家が最短で相場観を養うためには、とにかく何か一つだけ得意な売買ポイントに絞り込んで、ほかには脇目も振らず一点に集中してトレードする武器を持つ必要があると思います。