FX初心者にやさしい「資金管理」

FXトレードで大切なのは手法よりも資金管理だ。

FXトレードで大切なのは勝てる手法を手に入れることではなく、資金を大きく減らさない資金管理をすることです。

FXで勝つためには、3つのMが必要だと言われています。

  1. Method(手法)
  2. Money(資金)
  3. Mind(メンタル)

これは、投資苑2(とうしえん)という書籍で紹介されています。

優位性のある手法より何より資金管理を重視すべきです。資金管理がすべての土台となっています。

資金管理の重要性

資金管理の重要性については、これまで巨額の富を築いた著名な投資家たちも口を揃えて述べています。

  • 最も重要なのは、資金管理、資金管理、資金管理。成功した人は誰でも同じことを言うはずだ(マーティ・シュワルツ)
  • くどいようだが、マネー・マネジメント(資金管理)に関しては可能な限り学ぶべきである(ラリー・ウィリアムズ)
  • トレーダーは健全な資金管理戦略を固く守り、モメンタムが有利な場合に限って賭けていれば、株式市場で富をかき集めることができるだろう(ゲイリー・スミス)

FXで勝つために重要な資金管理方法

FXでは『豊富な資金で少ない枚数』のトレードをすることが最も安全な方法です。

自分が投資する資金をトレードに使う配分を考えてみてください。

「どのくらいの量で取引し、どこで損切りするか」。難しいのは「どこで利益確定するか」ということです。

持っている資金に合わせて、適切なポジションで、損は出来るだけ早く切り、利益はしっかりと伸ばしましょう!

始めるのは簡単でも、勝ち続けるのは難しいというのがFXです。

なので、資金を大きく減らさないように資金管理をすることはかなり大事な作業となってきます。

具体的には、

  • 投資可能資金量に対してどれくらいのポジションを持つのか?
  • 取引を行う前に、その取引はいくらの損まで耐えるのか?
  • いつどこで決済取引(利確・損切り)を行うのか?
  • 勝率とリスクリワードの関係性を考慮してるか?
  • レバレッジはどの程度かかっているのか?
  • その取引が完了した後にはいくらの利益が見込めるのか?

など、すべてを計画して取引を行うことがFX取引での資金管理です。

FXで負ける人の半分以上は資金管理で負けている

相場で起こり得るリスクはできるだけ最初に想定しておくということです。

資金管理さえきちんとできれば、今は負けている人でも勝てるようになる可能性が大いにあります。

損小利大のトレードを心掛ける

損小利大のトレードを心掛けましょう。ハイレバレッジで、リスクをかけても資金が思ったように増えることはありません。

資金管理は攻めと守りのバランスが重要です。利益を上げるための「攻める資金管理」と損失を出さないための「守る資金管理」があります。

目標ロット数や最大ロット数は、あらかじめ決めておく必要があります。レバレッジが25倍になるまで、ポジションを膨らますことがないように注意しましょう。

資金管理ができない、守れない理由

資金管理ができない、守れないというのも、人間は欲望の塊。大きく早く楽に資金を増やしたい!という気持ちがあるからです。

資金管理ができていないということは、投資家として致命的なミスを犯していると言っても過言ではありません。

お金欲しさにトレードして資金を失ったら、それを取り戻そうとするのは自然な行為で、それが悪循環を生んで資金を無くすんです。

FXでは資金管理ができないと、退場になる危険性が高くなります。資金管理ができていないと、大損する可能性があるのがFXです。

勝ち組の資金管理

そのため、勝ち続けるトレーダーは必ず資金管理をきちんと行っています。

トレードには必ず負けることがあるので、実際に負けた時にどれくらいの資金が減ることを許容するか、そして、実際に減ってしまった資金は元に戻すことができるのか、を考えて管理することが必要です。

  • ポジションサイズ(取引枚数)
  • 損失管理(ある一定期間での最大許容損失額)
  • リスクヘッジ(リスクの分散)

得意な状況になったらロット数を増やしたり、自信がないときは減らしたりとうまくロット管理ができるようになるとパフォーマンスも必然的に向上します。

口座分散や通貨分散もリスク分散のひとつの方法です。

利益確定の目安

FX取引で含み益は、利益確定をして、はじめて本物の利益となります。

せっかく利益が出るところでポジションを持っていても、含み益を確定しなければ意味がありません。

ここでの資金管理の方法は、トレードスタイルによって変わってきます。

  • 利幅(pips)を大きく獲る:デイトレード・スイングトレード
  • 枚数を増やして稼ぐ:スキャルピング

利確のタイミングとしては、利幅や目標利益、過去の高値やテクニカル指標などを見極めて行います。

損切りの重要性(必要性)

損切りができるかどうかで、トレーダーの勝ち組と負け組が決まるといっても過言ではありません。

資金管理は、勝つためというより、まずは負けないために行うものです。

そのために、FXでは損失を最小限に抑えるということが重要であり、「損切り」ができなければ、負けたも同然です。

損切りは必要経費と考えて、あまり欲張らず、負けないトレードをしていくことが必要です。

2%ルール

資金管理の2%ルールは、ずっと昔から言われていることです。

取引する時点での自己資金の2%以内しかリスクを許容してはならない。つまり、自己資金の2%を超えるようであれば、すぐに損切りしなさいということです。

自己資金が10万円であれば、1トレードのリスクは 2,000円。
自己資金が100万円であれば、1トレードのリスクは 20,000円となります。

この2%という資金管理方法の特徴は、リスクを固定してポジションサイズを変えていくやり方なので、レバレッジを最大限に活かすことができます。

なお、計算の元となる自己資金は、当初入れた自己資金ではなく、取引時点における口座にある自己資金の2%ですので、ここは間違えないようにしてください。

スキャルピングやデイトレードをしているトレーダーであれば、この資金管理方法が最適です。

「レバレッジが高いと危険」は間違い!?

「レバレッジが高いと危険」という認識が広まっていますが、それは間違いです。レバレッジが危険なのではなく、資金管理ができていないことが危険なんです。

レバレッジ取引はFXの醍醐味であり、強い武器に変えることができます。

レバレッジを最大限にトレードに活用して、しっかりと資金管理も行っていきましょう。

FXの取引ルールの作り方

トレードの上手い下手、もしくは損益は「資金管理」で決まる部分も少なくありません。資金管理についてしっかりと考えるだけでリターンが良くなったり、資金繰りを改善させることが可能です。

自分なりのマイルール取引ルールを作成して、一度決めたらそれをしっかりと守るようにしましょう。

ルール作りには、自分の性格や、失敗の経験から独自の資金管理法を構築しなければなりません。

まず、FX投資は余裕資金で必ず行うようにしてください。そして、自身の使える資金をもとに許容リスクを把握します。

取引ルール(トレードルール)は、大きく分けて「エントリータイミング」と「損切りライン」に関することの2つを決めることになります。

  • ポジショニングから利益確定までのルール
  • 損切り(ロスカット)のルール

資金管理のルールは、%(パーセント)で考えることを推奨します。

「%(パーセント)」での考え方は、資金が増えるときはスピードを早め、資金が減るときにはスピードを遅くしてくれるのでトレードには絶対欠かせない、必要な考え方です。

また、資金管理は欲望よりルールを優先して、機械的に順守するようにしてください。

資金管理の記録をつけて、トレード記録を残していくようにすることも成長の鍵となります。

総資金管理のためのルール設定

総資金管理とは、それぞれ1日、1週、1月あたりの許容できる損失額を定めて、それ以下にコントロールすることを言います。

例えば、

  • 運用資金の2%までしかリスクを取らない(2%ルール)
  • 1日5%の損失を出したら、その日は休む(トレードしない)
  • 毎月リスクが取れる金額を決めて、その金額の範囲内でトレードする
  • 今月の決めた金額まで負けたら、休む(トレードしない)

といったルールを定めて、実行していくことです。

なお、この総資金ルールから適切なロット数を把握したら、

  1. 状況にあったポジションサイジングを行う
  2. 資金を減らさないために利益確定をしっかり行う
  3. 資金を減らさないためにロスカットを厳守する

といった具合に作ったルールは全部まとめて、一貫性があるものにすることが重要です。

資金管理はメンタルに直結する

資金管理はメンタルに直結する問題でもあります。

そのため、資金管理の裏テーマとして「メンタルを一定に保つ」ということが挙げられます。

トレードする際には、冷静さを保ち一時的な感情で判断をしないということが重要です。

ただ普通は資金の30%のドローダウンを短期間で味わうと、メンタルが崩壊すると言われます。メンタルが崩壊するとすべてのルールを守らなくなるので、トレードで勝つのは無理です。

そんな状況を招かないようにするために、

  • メンタルが保てないほどのロットでは購入しない。
  • ロスカットを無視して含み損を膨らまさない。
  • 必要以上の資金を投入して無謀なトレードをしない。

資金管理ではメンタル面の強さが求められます。自分で自分を律することが必要です。

トレードルールをきちんと守ることができるメンタルを作るように心掛けましょう。

資金管理でリスクを徹底排除

資金を管理することはFXのみならず投資をする人にとっては当たり前のことです。

資金管理を守ることが長い目で見て一番安全に早く資金を増やす道だからです。

全てのリスクを回避することができるわけではありませんが、何が起きてもいいように常に対策しておくことが大切になってきます。

FX投資で最も重要なことは破産しないことです。破産して市場から退場しない限り、逆転のチャンスは いくらでもあります。

いくらまで下落すると強制ロスカットになるか、ロスカット水準を正確に把握しておくことが重要です。ロスカットラインが分かっていれば急落時に慌てることもありません。

初心者は10万円、2%ではなく1%ルールから始めてみるのがおすすめです。

頭では理解しているけどできないことも多いので、実際にやりながら覚えていった方が、資金管理の方法がしっかりと身に付きます。