FX初心者にやさしい「マインドセット」

投資マインドの重要性

FXにおいて勝ち負けを大きく左右する要因の一つに、投資マインドがあります。

このマインドを上手にコントロールできるかできないかで、トレードの勝率や利益が大きく変わってしまいます。

投資をやっていくうえで手法や資金管理、ファンダメンタルズよりもマインド、考え方や心構えのほうが重要です。

何か物事を習得するときに大切なことは「心技体」だとよく言われますが、ここでも「心」の部分が一番最初に来ています。

いかにして自分自身の感情をコントロールして、相場と向き合っていくかというマインド(心)の問題について、今回は考えてみたいと思います。

投資の成功に必要なマインドコントロール

投資で勝つためのマインドコントロールができずに、実際、悩んでいる人は多いようです。

  • エントリーが怖い
  • 損切りしたくない、出来ない
  • 利益を伸ばせない
  • 薄利で決済してしまう
  • 思わずポジションをとってしまう(ポジポジ病)

といった感情をコントロールする方法が分からず、自らマインドコントロールができないという症状です。

精神論で稼げれば苦労はしない!と言われる方もいるかもしれませんが、コトは、そう単純な話でもないようです。

FXで勝ちたいなら、マインドセットから

マインドセットとは、これまでの経験や先入観から作られた思考パターンや固定観念のようなもの。簡単に言えば、無意識の思考のクセ(思い込み)です。

最近では、知識やスキルよりも、マインドセットがポジティブであるか否かが、ビジネスの成果に大きな影響を与えるという話もあります。

ただし、投資やトレードする際に必要なマインドセットというのは、「やれば出来る」「自分を信じる」といったような世間一般的に言われている自己啓発的なものではありません。

そうした次元とは別の『心の強さ』を生み出す、信念価値観といった方が分かりやすいかもしれません。

優柔不断はFXトレーダーにとって最大の敵です。

相場と向き合うなかで、常に冷静な判断をし、理にかなった行動を取ることができる、「マインド」とよばれる心の強さ(精神力)が求められるというわけです。

さらには、相場の値動きとともに湧き起こってくる

  • 欲望(強欲さ)
  • 恐怖心

これらに「勝つ」という視点でのマインドセットも重要です。

  1. 負けた後は、次のトレードまで適度なインターバルを空ける
  2. 損失はないものと考え、常にゼロからのトレードと考える
  3. 連敗は一度に取り戻そうとは思わないこと

負けたのには、必ず明確な理由があります。同じ負けを繰り返さないためにも、負けから学ぶことが大切です。

投資家・トレーダーとしての在るべきマインドセットは、相場には決して感情や根拠のない期待は持ち込まないということが大切であり、これが「恐怖」や「欲望」といった感情に負けない(流されない)ことにつながります。

投資やトレードで勝ち続け、成功するためには、投資家として持つべきマインドセットが重要です。

  • ギャンブルトレードは絶対にしない
  • 自分の負けを徹底的に分析する
  • トレードの時に熱くなっていないか?
  • 負けを一気に取り返そうとしない
  • ロットを落とす
  • 休むも相場

感情的になると負けやすくなる

トレードの時というのは感情が入りやすいものです。特に負けが続いている時はなおさらです。

だからと言って、損が出たとムキになっているようでは、さらなる損失を抱えてしまうだけです。

損をしようが利益が出ていようが、常にフラットな気持ちでトレードすることが必要です。

感情的になった時は「トータルで考える」ようにして、一喜一憂しないことです。

負け組FXトレーダー

負け組トレーダーによくみられるマインドセットとは、「少ない資金で儲けようとする」「しっかりと考えてルールを作らない」「ルールを破る」「失敗を認めない」「反省がない(振り返らない)」といったことです。

負けを素直に受け止める(認める)

100%勝ち続けるのは不可能です。どこかで必ず負ける時はあります。

ですので、負けは潔く受け入れるしかありません。

ところが、多くの人は失敗を受け入れたつもりでも、実際には失敗から目を反らしているだけの結果になっています。

FXトレードでいうならば、損切りはするけど、その後の反省や対策はしない。ポジションを塩漬けにしてそのまま放置する、といった状況です。これでは、後からさらに損を拡大しかねない状況を自ら作っているのも同然です。

負けが続く時には、自分の中の何が原因で負けが続いているかを分析することが大切です。

勝ち組のマインドセット

利益を出し続けている勝ち組トレーダーたちはマインドの重要性をよく理解しています。

そのために、トレード技術や分析技術に加えて、当たり前のように『勝つ』というマインドセットを持っています。

  • 安定したマインドを持つ
    自分の感情といかに戦っていくのかが、FXの勝敗を左右します。
    一つ一つのトレードの結果に一喜一憂せず、いつも一定に保つこと。
    もっと利益を手っ取り早くあげたいという「欲」や、損を絶対に出したくないという「恐怖」と戦う必要がある。欲望や恐怖といった感情は、FXトレードにおける判断の精度を落としてしまいますので気をつけてください。

  • 長期的な視野を持つ
    損益は一日のトレードで考えるよりも、一ヶ月と行った長いスパンで常に考える。
    負けるときの典型的なパターンは、最初少なく勝ち続け、最後に大負けして損をする。

  • 常にポジティブであれ
    為替相場は、24時間変動しながらあらゆる顔を見せてきますが、気まぐれな相場に振り回されないことです。FXトレーダーに友好的なときもありますし、反対にまったく予想通りに動かず反抗的なときもあります。
    ネガティブな状態でいると、どうしても判断のスピードが一歩遅れます。
    取引枚数を減らしてプレッシャーを掛けない状態でトレードをしていくことも大切です。

  • ルールを守るマインド
    自分が決めたルールを守ってトレードをしていくマインドもFXで勝つ秘訣です。
    思いつきでトレードしても一回や二回は勝てますが、すぐに負けが込んでしまいます。

  • 勝ち組は、一時的に減っても「トータルで勝つ」ことを常に目指しています。

    億トレーダーへの道

    億トレーダーとなるには、大ロットの資金を動かしても折れない、強靭なメンタルが不可欠です。

    金額が大きくなれば大きくなるほど、メンタルに影響します。

    1回のトレードではドル/円であれば、10,000通貨なら10pipsの損切で1,000円の損失となります。それが100,000通貨なら、10pipsで10,000円の損切、もし500,000万通貨なら50,000円の損切りとなっていきます。

    トレードの資金が多くなったときでも、少額資金でやるのと同じように淡々とトレードすることができるのか、これが億トレーダーとなるためのひとつ大きなハードルとなります。

    精神力のようなタフさが、金額が大きくなればなるほど必要となってきます。

    成功者との差は「マインドセット」の差

    「マインドセット」がトレーダーに与える影響はとても大きく、勝率やトレード成績にかなり影響があるといえます。

    勝っているトレーダーと同じマインドセットを持つことが必要です。

    そのためには、

    1. 実際のトレードやデモトレードでのトレード練習
    2. 自分のトレード手法の検証作業

    という2つの行動を繰り返してみてください。

    実際のトレードやデモトレードで勝つ経験をどんどん積み重ねていくことで、トレードにどんどん自信を持てるようになってきます。

    また、検証作業においては、何でエントリーしたかその根拠やエントリーするときの感情、エントリー前のトレードシナリオといったものをすべて書き出します。この習慣を続けることによって、だんだん自分のトレード手法を確立し、より勝率の高いものへと変えていくことができるようになります。

    「マインドセット」を鍛えていくのはかなり骨が折れる作業ですが、一度自信がついてしまえば簡単にはその自信は崩れませんし、大きな利益を出せる要因となっていくことは間違いないでしょう。

    FX初心者は、自分の感情によって“自滅”してしまう

    FX初心者は、自分の感情によって“自滅”してしまうケースが多くあります。

    • 損を取り戻そうとして、大きなポジションで無茶なトレードをする。
    • 少しでも含み益になると、すぐに利益確定をしたくなる。
    • 含み損になると建値に戻ってくるのを期待して保有し続ける結果、強制ロスカットになってしまう。
    • 売っても買っても上手くいかないので、やけくそになって、でたらめなトレードを繰り返す。

    初心者に必要な心構えとは?トレーダーに必須のマインドセット

    実際に勝っているトレーダーのマインドセットが「正しい考え方」なので、勝者のマインドをコピーするのが手っ取り早い方法です。

    優れた手法をいくら教えてもらったとしても、トレードするうえで必要となる正しい考え方やマインド、心構えがなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

    成功者を見習って、マインドを育てるための『トレード練習』『検証作業』に励んでみてください。

    トレードで利益を出す投資マインドの育て方

    投資マインド・投資メンタルは正しい知識、経験を得ることによってのみ獲得できます。

    トレードは、心を激しく揺さぶるものです。

    そのトレードと向き合える精神的強靭さや冷静さは、トレード練習検証によって培うことができます。

    マインドを鍛えて、トレードするときに余計な行動は慎むよう心がけます。自分を律することを覚えて、常に平常心を保てるように努力しようと頑張ります。

    ただし、平常心とは、悩みや心配事、ストレスなどを無理やりに押さえつけ、自分の感情を押し殺して、強制的に身につけるものではありません。

    努力する方向性が間違っていると、いつまでたっても平常心を得ることはできません。

    FX投資で勝つマインドの作り方

    FX投資で勝つための平常心を得るには、マインド・心理面での強化が必要です。ですが、一体どのようにマインドセットを変えていけばいいのでしょうか。

    そのヒントは、「チャートに向かうときだけがFXトレードなのではない」ということです。

    日常生活での過ごし方や、日頃の感情の変化、自分の価値観や思い込みといったもの──そういったものすべてがFXに関係してきます。

    生活のあらゆる環境や状況が、トレードメンタルをコントロールするための良い機会となります。

    考え方が変わればモノの見え方が変わります。
    モノの見え方が変われば行動が変わります。
    行動が変われば、性格や習慣が変わります。
    性格や習慣が変われば結果が変わります。

    メンタル関係の投資本

    メンタル強化に参考になるとして、以下の2冊を紹介させていただきます。

    興味がある方は、是非手に取って、内容を深掘りしてみるといいと思います。

    1.デイトレード


    デイトレード

    メンタル系投資本の決定版!デイトレード。これを読まずして、何が語れるの?というほどの名著。

    手法については書かれておらず、メンタルや心構えなどを深く追求した本です。
    将来に渡ってあなたの悩みと不安を解消してくれます。

    これから投資やFXを始めるなら是非読んでおきたい1冊です。

    2.ゾーン


    ゾーン 最終章──トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスからの最後のアドバイス (ウィザードブックシリーズ)

    トレード心理学大家の集大成。トレードの本質が明らかにしてくれると同時に、FXの世界で生きるという事はどういう事なのか?を考えさせられる書籍です。

    為替の価格が動く本当の理由とは?勝ち組のマインドとは?

    FXで勝つための思考とは?マインドセットの構築

    FXで勝つためには知識や経験が必要ですが、それ以上にマインドセットの力をフル活用できるようになることが大切です。

    長期的な視野を持ちながらトレードすること、ポジティブなマインドを持って取引することが助けになりますので意識しながらFXトレードに挑んでみてください。

    最初からマインドの重要性に気づける人など、ほとんどいないでしょうが、マインドセットの使い方にだんだん慣れてくると勝率も安定してくることでしょう。

    同じ手法を使っているのに勝ち組と負け組ができるこの差はなんなのか?といえば、マインドセットだと私は思っています。

    欲望(強欲)は大敵!

    手法さえ身に付ければ勝てるほど投資の世界は甘くありません。

    自動売買とかのシステムもありますが、最終的には自分でやらなければいけないタイミングが必ずきます。

    そうなったとき欲望(強欲)に負け、トレードを繰り返しても勝てるわけないです。どうしても「稼ぐ」という気持ちが強すぎると、オーバートレードの傾向となってしまいます。

    大きな利益をとれる機会など、そんな滅多にあるものではありません。
    あなたはいつまで、一か八かのギャンブルトレードを続けるつもりですか?

    一発逆転を狙わず、無理なく継続出来る取引を心掛けてください。

    自分の性格をしっかりと把握し、得意とする相場がどのようなものなのかを自覚するとともに、毎日淡々と継続してトレードができる手法というものを見付けてみてください。

    勝つための秘訣は?

    勝つための秘訣とは「諦めない」こと。勝つまでやることです。

    一度大きく負けてもやめない。不屈の精神が必要です。

    これはどんな分野でも同じことが言えますが、結局最後まであきらめなかった人が勝ちます。

    だからといって、勝ちに貪欲になる必要はない、勝率にこだわらなくてもいいんです。

    自分と約束したルールを守り、やるべきことを淡々とやるのみです。

    そうすれば、結果は自ずとついてきます。

    平常心でトレードを行う方法

    平常心をもって常にトレードを行うには、自分の気持ちを自分でコントロールする必要があります。

    FXトレードで求められるのは「客観性」や「冷静さ」です。

    マイルールを設定して、それを忠実に守ることで、利益をむやみに追いかけたり、損切りが遅れるのを防ぐことができるようになります。

    損切りや決済だけでなく、エントリーするときにもマイルールを設定すれば、ポジポジ病や無謀なエントリーなど未然に防ぐこともできます。

    とにかく自分の決めたルールを忠実に守り、命令通りに動くロボットのようなトレードスタイルです。

    ぶれない軸を作ることによって、自分自身のマインドのブレを切り捨てて、安定的なトレードをすることが出来ます。

    勝てる状況が来るまで「待つ」ことが大切

    負けてしまう人というのは、狙ったエントリーポイントがなかなかこなくて、無駄にエントリーをしてしまう人です。

    チャンスが来るまで待てない人です。

    損小利大のトレードを作る意味でも「待つ」ことは非常に重要になってきます。

    釣りと同じです。エントリーポイントがくるまでじっくり待つ!

    FXは待てば、勝てるようになるというか、待てないと勝てるものではありません。

    トレーダーは待つのが仕事といっても過言では無いです。

    潜在意識を書き換えて、洗脳する

    【トレードで勝てない】状況を根本的に解決するには、セルフイメージを変える必要があります。

    脳の95%を支配していると言われている潜在意識を味方につけることです。

    勘違い上等!トレードで勝っているイメージングです。

    勝ち組トレーダーは日記を付けたから勝てるようになったのではありません。

    セルフイメージを書き換え「トレードをビジネスにして稼げる状態」を想像できたから日記を付け始めたわけです。