ポジポジ病

ポジポジ病とは

ポジポジ病とはよく聞く言葉ですが、常にポジションを保有し、トレードに参加していなければ“不安”になってしまう人間心理のことを言います。

「なんとなく上がりそうだから(下がりそうだから)」
「早く稼ぎたい、早く利益を上げたいから」

そうした理由でエントリーすることが多い人は要注意です。

FX初心者の方が特に陥りやすいもので、ポジションを持っていないと落ち着かない、という、まさに病気です。

ところが、自分がポジポジ病に陥っていることに気がついていない方も多くいます。

ちなみに「ポジポジ病」の「ポジ」とはポジションのこと。その頭文字をとっています。

ポジポジ病の原因と対策

FXで勝てない原因として真っ先に思い浮かぶのが、このポジポジ病

「損する人」の象徴みたいにまで言われている悪癖です。

たまに利益が出ることがありますが、トータルでは必ずと言っていいほど負けてしまいます。

何かしら利益が得られそうな通貨ペアを探しては、浅い読みでエントリーする。こんなことを繰り返していたら、負けても当然です。

エントリーを繰り返して利益を上げることが出来ればいいのですが、無駄なエントリーは結果的に損失を膨らませて、リスクを増やします。

最悪の場合には、資金をすべて溶かしたところでようやく症状を自覚する厄介な病気なので、いかに早い段階でポジポジ病にハマっているかに気付き、対策を打つかが重要となってきます。

ポジポジ病は克服できれば、負けトレードの機会を減らせるため、余計な損失を抑えることができるようになります。結果として、トータルで利益が残せるようになるのです。

なお、ポジポジ病に陥りやすい人のトレードスタイルで圧倒的に多いのはスキャルピングです。それは、どんなトレード手法よりもエントリー出来るタイミングが断然多いからです。

また、FXをはじめたばかりの初心者にもよく見られる病気です。

ポジポジ病を克服することは可能ですが、まずは自分がポジポジ病であると認めることから始まります。

  • 無駄なエントリーを繰り返す
  • 常にポジションをもっていないと落ち着かない
  • チャートを見るとなんとなくエントリーしてしまう

以上のような症状があります。

ポジポジ病で失敗するパターン

チャートを開いたらほぼ確実にエントリーする、という状態になったら危険信号、あなたは「ポジポジ病」かもしれません。

  1. トレードに刺激を求めるために起こるポジポジ病
    (ギャンブルと同じ感覚でやっているパターン)
  2. ポジションを取ることが正しいと考えてエントリーするポジポジ病
    (入るだけムダ、入っても期待値が低いパターン)
  3. 負けを取り返したいときになるポジポジ病(リベンジトレード)
  4. ちょっとなら取れるだろうと考えてやってしまうポジポジ病
    (根拠の薄いところでも手軽にエントリーしてしまうパターン)

こんなトレードを繰り返していては、利益を「出し続ける」ことができないのも当然です。

「ポジポジ病」の原因

「ポジポジ病」は無駄にポジションを持ってしまい、トレードに悪影響を与え、危険なトレードを繰り返してしまいます。

その原因として、

  • 常に稼ぎたいと思っている
  • エントリーすれば勝てると思い込んでいる
  • 前回の負けをすぐに取り戻したい
  • チャンスを待つことができない
  • トレードすることが快感になっている(トレード中毒)

といったことが考えられます。

「大きく稼ぎたい」「大金を手に入れたい」というがあって、感情のコントロールが出来ない状態となっています。

あなたは、もしかして優秀なトレーダーは、毎日沢山のトレードをして大きな資産を形成しているという勘違いをしていませんか。ノーポジションの状態で、思惑通りに動くときがあると、とたんに機会損失をした気分になってしまうようなことはないでしょうか。

儲かる機会を逃したくないという思いからどんどんエントリーを繰り返すようになって、負のスパイラルに陥ってしまうことが、本当に怖いところです。

ポジポジ病を克服する

ポジポジ病を克服するのは大変そうに思うかもしれませんが、毎日の正しい習慣化や修正行動の積み重ねで治していくことは可能です。

上記でいろいろ原因をあげましたが「チャートを読む」ことが出来ないことが一番の根本的な原因です。

知識不足・経験不足のために、チャートがいつもチャンスに見えてしまうのです。なので、これを治すにはチャートの見方を覚えて、チャート分析をしっかりと身につけることが必要不可欠となります。

相場の動きを把握する(相場を読む)ことが出来るようになるのを第一に取り組んでみてはいかがでしょうか。

チャートをじっくり監視することで見えてくるものはたくさんあります。

  • 相場の流れがわかる(相場環境認識)
  • シナリオを作れるようになる
  • 勝てる確率の高いポイントに絞り込む
  • 勝てるポイントが来るまで待てる
  • 根拠のないトレードをしないようになる
  • 自分にあったスタイルやエッジ(強み)がわかる
  • 自分のトレードルールが出来る

本当に、色々なことが出来るようになります。

ポジポジ病対策として求められているのは、ミスを減らすために無理に「トレードを我慢」しようとすることではありません。

勝ち負けのシナリオが自分の中でできれば、自然と意味のないトレードが減って、厳選してトレードをするようになります。「チャンスをしっかり待つ」「チャンスを確実に取る」ことができるようになるので、勝率が上がることも期待できます。

なお、チャート分析とあわせて、精度を上げながらエントリー回数を減らす方法として、トレード記録をつけることが有効です。

トレード日誌に記録して、毎回のトレードを冷静に振り返ることが、ルール作りにも役立ちます。

勝てる自信のある「ルールを持つ」ことができるようになれば、
あとはしっかりと「ルールを守る」だけです。

トレードに感情は不要、機械のように淡々とトレードすることです。

このレベルまでくれば、ポジポジ病など全く気にならなくなります。メンタル面でのミスが減り、無駄にポジションを持ちすぎるようなこともなくなります。

FXトレードについての考え方

トレードというのは、いかに冷静にエントリーと利確の判断を下すかが全てです。

「感情的になる」ことがどれだけ収支にマイナスに働くのか、考えてみてください。

また、多くの初心者は「ムダなエントリー」によって損失を積み重ねてしまうことがよくあります。

トレード回数が増えると、必然的にトレードコストも跳ね上がります。
チャート監視時間が長いことで、かえってミスをする確率は上がります。

1時間に1回はトレードしたいと思ってませんか?

4時間に1回くらいチャンスがあればいい。サラリーマンが、帰宅後にするトレードなら1回チャンスがあれば上等です。

「チャンスなんて日に2~3回あれば上等」ぐらいのマインドセットで丁度いいと思います。

勝率が高いところでのエントリーに的を絞る

利益を上げられないということは、あなたのトレード技術がまだ足りていないということの裏返し、証明でもあります。

ポジションを多く持つ事よりも、勝てる場所のみを厳選して、トレードすることを意識してみましょう。

勝ってる人は「勝てるところでしか勝負しない人」のことです。

ポジポジ病の人は「なんか上がりそうだから」とか「下がりそうだから」という理由だけで、あまり深く考えず簡単にエントリーしてしまいます。

エントリーする前に

  • トレンドの背景を確認しておくこと
  • 損切りラインを明確にすること
  • 利確ポイントをある程度決めておくこと
  • シナリオが外れた場合どんな動きをするのか考えること

一日にエントリーすべきところなんて、そんなに多くありません。

どういう時にトレードをすれば勝てるのか?どういう時にトレードをしてはいけないのか?それは自分で見つけ出す必要があります。

シナリオを作り、チャンスを待つ

ポジポジ病になってしまうトレーダーにはシナリオがない場合が非常に多いです。

シナリオがないために無駄なエントリーをしてしまうという、悪い流れになってしまっています。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるでは、当たったところで大したリターンを得ることもできません。

戦略のないエントリーで勝ち続けられるほど、FXというのは甘いものではありません。

ポジポジ病を治すには、きちんとした戦略を立てて、エントリーポイントが来るまでひたすら待つことが重要です。

トレード戦略が立てられていないという方は、ダウ理論エリオット波動に基づいて、相場の大きな流れを読み、エントリーすべきポイントを見定めます。そして、そのポイントに来たときだけ、エントリーするという考え方や行動が大事です。

悪い癖は早めに治そう!

ポジポジ病は、ほとんどのトレーダーが一度は通る道です。

だから、深刻に悩む必要はありませんし、自己否定する必要もありません。

トータルの結果がマイナスだったから悪い病気と言われるだけで、これがトータルプラスだったら成功例と言われるのです。

ポジポジ病はポジションを常に取るため、利益はそこそこ出せますが、それ以上に損失が大きくなりがちです。

そんなポジポジ病にハマるすべてのFXトレーダーに共通しているのは、自分中心的な視点で分析していることです。

ですので、ポジポジ病から完全に抜け出すためには、マインドセットとして「相場重視」の視点を身につける必要があります。

そのためには、メンタルの強化以外にありません。トレーダーとしてのメンタルが備わってくれば、相場の値動きに過度に反応することなく、自分自身をコントロールできるようになります。

メンタルは、トレードを通して失敗反省成功体験を繰り返すことで鍛えられます。自分のポジポジ病の原因がどこにあるのかを分析し、問題意識を持ってトレードに臨むことが大切です。

トレードに自信を持てるようになれば、自ずとポジポジ病は克服できるようになります。
「トレードに自信を持つ」ことがポジポジ病を治す特効薬となります。

練習を十分に積んで成果が出るようになってから、初めてポジションを多く取るようになったり、ロットを引き上げたりするようにしましょう。

ポジションを持たない“勇気”も必要

優位性が判断できないような状況のときは、ポジションを持たない“勇気”も必要です。

しなくていい無駄なトレードが増えれば、負けも増えて資産を減らしてしまう可能性が高くなります。

淡々と、自分の分かるときだけトレードするのがおすすめです。

FXは時間給ではなく、正しかった時にだけ成果が得られる成果報酬型だということを忘れずに。

チャンスはいつでも、またやってくる

もし今回、チャンスを逃したとしても、もう一生チャンスが来ないというワケではありません。

「縁がなかった」と思って、すっぱりと諦める。

タイミングが合わなくて、エントリーすることができなかったというだけです。

済んだことを後悔するのではなく、次のチャンスを逃さないように、戦略を立てて相場に挑んでいくことが重要です。