pipsとは

pipsとは

pipsとは、FXトレードをするときに使う単位です。「ピップス」または「ピプス」と読みます。

pipsは複数形で、元となるPipは「Percentage in point」の略、「あるポイント(最小の通貨単位)での1パーセント(1/100)」と言う意味です。

このpipsは為替レートが動く際に使われるほか、トレード結果を比較する際などにも使います。

なお、pipsの代わりに「ポイント」という言葉が使われることもあります。

pipsの見方と正しい使い方

為替レートの単位がpipsです。

ドル円やユーロドルといった通貨ペアのスプレッド(売値と買値の差)の計算や売買によって生じた利益または損失を計算するのに用いられます。

FXの世界でpips(ピップス)とは、流通している通貨の最小単位の100分の1になります。

ですので、pipsは通貨ペアによって見る単位(見方)が変わります。

円とそれ以外の通貨ではpipsの値が異なり、2種類に大きく分けられます。

  • 円を利用する通貨ペアの1pipsは、小数点第2位(0.01)
  • 円を利用しない通貨ペアの1pipsは、小数点第4位(0.0001)

日本円は1円の1%、米ドルは1セントの1%という計算です。

異なる通貨単位のもの同士でも比較できるように「pips」という単位が使われています。

クロス円の場合、小数点第2位が1pips

円絡み(クロス円)の通貨ペアは、「1pips=0.01円=1銭」です。

1銭が1pips
10銭が10pips
100銭(1円)が100pips

ちなみに、クロス円とは、米ドル以外の外国通貨と日本円の組み合わせの通貨ペアのことをいいます。

例)米ドル/円(USDJPY)の通貨ペアで見てみましょう。

106.01から106.02への上昇は、1pipsの変動に相当します。その後、ドル買い円売りを仕掛け、レートが106.02から106.10に上昇したとします。市場が8pips変動し、利益が発生したことになります。

米ドル/円、ユーロ/円など「○◯◯/円」と円がつく通貨ペアの場合には、小数点第2位が1pipsです。

日本円以外の外貨の場合、小数点第4位が1pips

円がつかないその他の通貨ペアの場合、小数点第4位が1pipsです。

例えば、ユーロ/ドル(EURUSD)の通貨ペアで考えてみましょう。

ユーロ/ドルが1.1100から1.1101に変動する場合、1pips変動(0.0001上昇)したことになります。

1.1100でユーロの買いポジションを保有し、その後レートが1.1150へ上昇した場合、50ピップスの利益を獲得できます。しかし、あなたの思惑とは逆にユーロ/ドルが1.1100から1.1050に下落した場合には、50ピップスの損失が発生したことになります。

スプレッドの単位はなぜ「銭」なのか?

スプレッドの単位の呼び方に規定はありません。しかし、ほとんどのFX会社が表示しているスプレッドの単位は「銭」、もしくは「pips」です。

「銭」を採用する場合は、取引する通貨ペアの対象が 外貨/日本円 だからです。日本円絡みの通貨ペアの場合、スプレッドはたいてい「銭」という単位を使っています。

なお余談になるかもしれませんが、FX初心者の方は、「米ドル/円」「ユーロ/円」「英ポンド/円」など日本円が絡んだ通貨ペアで取引することをおすすめします。なぜなら、ユーロ/米ドルなどの円が絡まない通貨は、損益額を円に直す手間が必要で、複雑な取引となってしまうからです。

【PIPSの計算方法】100pips取るといくらの利益?

「100pipsで利益確定」など表現されますが、FXで100pipsはいくらの利益?になるのか気になるところです。

FXでの利益額は、次の3つによって決まります。

  • 通貨ペアの値動き(pips)
  • 取引量(Lot、ロット)
  • 取引通貨による補正

この3つの要素をかけ合わせることによって利益を計算することができます。

【損益額の計算式】 
利益(損失)額=通貨ペアの値動き(pips)×取引量(Lot)×通貨による補正

取引量の最低取引単位を1Lot(ロット)と言います。

ロットは“1つの固まり”を意味しており、取引するFX会社によって1ロットがいくらになるのかは異なります。

国内FXだと1ロット=10,000通貨の業者が多いですが、1ロットが1,000通貨や、10万通貨の場合もあるので事前に確認してください。(海外FX会社だと1ロット=10万通貨が多い。)

100pips取ると、どれくらい儲かる?

日本円を含んだ通貨ペア(クロス円)の場合には、円に換算し直す(取引通貨による補正)必要がありません。

ですので、単純に「通貨ペアの値動き」と「取引量」によって計算することができます。

利益(損失)額=通貨ペアの値動き(pips)×取引量(Lot)

通貨とロット表記の関係について

通貨の単位をロットで表記する際は以下のように表すことができます。

  • 1万通貨=0.1ロット
  • 10万通貨=1ロット
  • 100万通貨=10ロット

利益(損失)額=通貨ペアの値動き(pips)×取引量(Lot)×1000円

取引量/利益 1pips 10pips 50pips 100pips
1通貨 0.01円 0.1円 0.5円 1円
1000通貨 10円 100円 500円 1,000円
1万通貨 100円 1,000円 5,000円 10,000円
10万通貨 1,000円 10,000円 5,0000円 100,000円

1万通貨の場合、100pips動くと10,000円となり、10万通貨の場合は100,000円になります。

pips計算機

PIPS計算は上記のように手動でおこなうことができますが、海外FX会社、XMの計算機が分かりやすいと思います。

>> XMTradingのFX計算ツール
https://www.xmtrading.com/jp/forex-calculators

上記ツールはXMの口座開設をしなくても使えます。pips、ロット、証拠金等の様々な計算に対応しているので、興味があれば使ってみてください。

また、このほかに、便利な計算アプリもあります。

このアプリは、pips・取引サイズ・通貨ペア・結果を表示する通貨をそれぞれ自由に設定できます。外国通貨同士のpips数も算出できます。

>> pips計算機
https://autofx-now.com/forex-tools/pip-calculator

>> FX複利運用計算シミュレータ | FX戦略研究所
https://fxmessi.com/

日本円を含まない通貨ペアの場合には、その時のレートを確認して計算します。通貨による補正を行い、円に換算し直す必要がありますが、非常に複雑な作業となってしまいます。

そのため、こういった計算機を使った方が素早く、正確に計算できて便利だと思います。

FXでの投資効率を見るには「pips」が最適

取引実績など正しく評価するのに「pips」は最適です。

例えば、トレーダーとしての技量はどちらが優れているのか?比較して、考えてみましょう。

証拠金100万円で100pipsの利幅で稼いだ人と、証拠金1億円で1pipsの利幅で稼いだ人がいたとします。

この場合、利益は同じ100万円ですが、前者は少額の証拠金で大きな利益を出しており、投資効率がよいと判断されるのは前者の人です。

大きなロット数で注文すれば、その分得ることができる金額が大きくなるのは明らかで、「pips」で表現することによって両者を公平に評価することが容易になります。

pipsに統一して使用した方が取引の結果が見やすい、分かりやすいという利点があります。

実際の利益をごまかすことは可能

この便利な「pips」という表示方法なのですが、使い方次第で、実際の利益をごまかすことができます。

pipsを使うと通貨ペアや為替レート、取引量を言わなくても利益を表現することができます。取引する際の通貨ペアや取引量は違うため、pips表示にすれば、優れたトレード手法だと誰にでも見せることが可能となります。

煽りが強い、営業熱心なFX商材のセールスレターなどでは、たまに「pips」を使い
利益を出した時の細かな情報を隠して販売しているものを目にすることがあります。

pipsは便利な表現ですが、見方を変えると、ウソをつかれる可能性はゼロとは言い切れません。くれぐれも見た目の数字にごまかされないように注意しましょう。

FXの基礎「pips(ピップス)」はしっかりと理解しよう

FXにおける独特の概念である「pips(ピップス)」について、ここまでまとめてみました。

日本円が入っている通貨ペアだと円の下は「銭」ということでとっつきやすいですが、その他の通貨ペアの場合は普段なじみがないので最初は分かりづらいかもしれません。

  • 日本円が入っている通貨ペア=少数第2位
  • その他の通貨ペア=少数第4位

と覚えておけば、間違いはありません。

対円通貨ペアの場合は、1pipsは1銭、0.5pipsは0.5銭となります。

円を介さないユーロ/ドルなどの通貨ペアの場合は、
1pipsは0.0001ドル(0.01セント)、0.5pipsは0.00005ドル(0.005セント)です。

「pips(ピップス)」は、読み取り方のコツをつかめば難しくありません。

一度身に付けてしまえば、pipsを用いた投資の判断は簡単にできるようになります。

良い機会ですので、ここはしっかりと学んで理解して、見栄えの良い、派手な数字にごまかされないようにしましょう。勝手に誤解したり、数字のトリックに騙されたりしないように気をつけましょう。

FXだけではなく各国の為替取引に生じる為替差異に関しても、pips表記が使用されます。それぞれの通貨価値が違うため、その国の最小通貨単位では通じないからです。

証券会社ではFX以外にも株式投資信託などのレート表記でも「pips(ピップス)」は使われています。