FXでなぜ勝てないのか

FXを始めたけど、勝てない・・・

FXを始めたからと言って、すぐに勝てるような投資は甘い世界ではありません。

初心者の頃は、とくにFXでの勝ち方というのがわかっていないということもあり、
勝てるようになるまでには多少時間がかかるものです。

ただし、ここで注意しておきたいのは「トレードで勝つには特殊な方法がある」と信じ込んでいる人たちが多いことです。

ですが、実際には

この世で絶対勝てる方法(必勝法)など存在しない。
あるのは、勝てる確率を上げてくれる方法のみ

ということです。

なので、あまり他人が発信している情報は鵜呑みにしない方がいいと思います。

「情報がたくさんあれば勝てる」「相場分析の精度が上がれば勝てる」「相場を予想できれば勝てる」
というのは、勝手な思い込みや根拠のない幻想に過ぎません。

FXで勝てない原因は主に「メンタル」と「相場観」

FXで勝てない理由として、よく言われるのが「メンタル」と「相場」に関することです。

心当たりのある方は今一度、自分の投資行動を振り返ってチェックしてみるのもいいと思います。

メンタルに関する事項

実際にトレードをしてみるとメンタルが弱いな…と感じることがあるかもしれません。FXを始めたときは、心の余裕がないのでとくにそう感じることが多いかもしれません。

ただし、自らそういった状況に追い込んでいる場合もあるので、注意してください。

最初から全力でやり過ぎ

最初から全力でやり過ぎてしまい、資金力で無理をしてしまっている場合があります。

自らプレッシャーをかけ、それに負けてしまっているのです。

こんなときには、負けてもすぐに引き返せる金額、身の丈にあった余裕資金でFXを始めるようにして、
あらためて再スタートしましょう。

FXというものに、あまり過度な期待を抱かない方がいいと思います。

レバレッジをかけ過ぎ

資金の問題にも関わってくることですが、レバレッジをかけ過ぎてしまうことも、
あまり良いことではありません。

少額の資金で投資ができるのはFXのメリットですが、そのために冷静さを失ってしまっては
トレード以前の問題です。

慣れるまでは、2~3倍程度の低レバレッジで取引するのがおすすめです。

ポジポジ病

トレードをはじめると、常にポジションを持っていたい「ポジポジ病」となってしまうトレーダーがいます。短時間で勝負するスキャルピングを行っている人に多くみられがちですが、無駄なエントリーをしてしまったり、チャンスが来るまで待てない、といった症状があらわれます。

勝ち負けに関係なくポジションを持つことによって、トレードしている気分となって安心してしまうのです。

そんな人たちには、しっかりと根拠のあるポイントまで待ってからエントリーするように行動を修正する必要があります。場合によっては、システムトレード(自動売買)を取り入れることも解決策のひとつです。

相場に関する事項

感覚だけでトレードしている(とくにFX初心者)

FX初心者に多いのですが、コレといった根拠をもたずにエントリーを繰り返している人たちがいます。

ギャンブル感覚でトレードを続けていては、いつまでたっても進歩がなく、稼げません。

本気になってFXで稼ごうと思うのであれば、トレードの根拠をすべて明確にする必要があります。

しかも、このような勝てない人にかぎって、自分なりのトレードルールや投資スタイルと
いうのを持っていないトレーダーがほとんどです。

きちんとしたトレードルールを作成し、トレード日記をつける癖をつけましょう。

相場が読めない、相場の流れに乗れない

何となくトレードしている人たちの大半は、相場やチャートが読めないことに起因しています。

  • 相場の環境認識ができていない
  • ライン(トレンドライン)がうまく引けない
  • 取引のタイミングが上手くつかめない

相場の値動きというのは、誰一人として完全には予測できないものです。ですが、おおよその傾向や動向といったものは把握できます。

簡単なチャートの見方というのは、FXに関する本でも読んで、少し勉強すればわかるものです。

基礎レベルでの知識を吸収したら、あとはトレード記録をつけて、毎日分析することを続けていけば、チャートリーディングの技術は自然と身に付いてくるものだと思います。

「チャートを読む」技術は一朝一夕で簡単に身に付くものではありませんが、FXで勝つためには
絶対身に付けておかなければならない必要な技術です。

※チャートリーディングに関しては、佐野裕さんのマエストロFXの教材が詳しく解説されています。

ある程度相場の全体の流れを読めるようになったら、今、動いている流れに乗る(流れに逆らわない)ことが大切です。

あとは経験者と同じことを真似してみましょう。

勉強すればするほど、勝てない…

FXは勉強したからといって、必ずしも勝てるものではありません。むしろ、勉強すればするほど勝てない、なんてことはよく聞く話でもあります。

あなたがどれだけの知識を持っているか、それを確認するための試験やテスト勉強とは違います。相場の世界に集う人間たちによる心理戦、抜け駆けの場なので、実際にFXの勉強をしても勝てない人は多くいます。

つまり、FXで勝てないのは、トレード手法の問題というよりも、心理的な問題が大きいということです。

もし今、あなたが勝てていない状況なのであれば、その勝てない原因の多くは「あなたの考え方」にある。このことに気付けるかどうか、で大きく成果が変わってくるかと思います。

あなたが勝つために必要なこととは?

FXトレーダーとして行えることは、相場をみながら「買う」「売る」「取引しない」の3つだけです。

そこで、あなたが勝つために必要なことは、1つが「安く買って、高く売る」という方法。
もう1つが「高く売って、安く買う方法」です。

どちらも結果は同じ。FXでは、相場が円高に動いても、円安に動いても、利益を狙うことができます。

理論上の理屈は簡単なのですが、

実際に利益を獲得するためには、実践の場へ出る前に
デモトレードを行って、ひたすら経験を積む必要があります。

なお、トレードを行う際には、

  1. 資金管理(リスク管理)
  2. 明確な根拠のあるトレード
  3. 一喜一憂しない(マインド)

という3つの要素が必要不可欠となってきます。

こうしてデモトレードのような練習の場で、ある程度勝てるだけの実力をつけてから、
実践でのトレードへと移ることで、はじめて勝つ可能性を高めることができるのです。