FXで勝てない、むかつく

とにかく勝てない!むかつく!

FXに興味をもって始めてみたものの、最初からそう簡単に勝てるものでもありません。

そんな当たり前のことは自覚してスタート。余裕を見せていたのもつかの間、日を追うごとに負けが積み重なり、勝てない状況が続いてしまうと、誰でもだんだんつらい状況に陥ってしまいます。

PCやスマホの画面を見ながら笑顔でトレードしていた取引も、徐々に苦笑いに変わり、そのうちだんだんと顔が引きつってきます。最初は調子よく勝てたけど次第に負け始めてきた人も、このような心理状況に陥ったことがあるはずです。

いつのまにか後戻りできない状況となり、あまりに勝てない状況が続けば、思った通りにいかないことに対してイラついたり、ついには爆発して“怒り”の感情へと変わってしまうこともあります。

こうなってしまったら、とても冷静にトレードできる状況にはありません

すぐに一旦、相場を休むことをおすすめします。

なぜポジションを持つと逆の方向へ動く?

ポジションを持ったときにはなぜか当初、想定していた動きとは逆の方向へばかり進んでしまい、戸惑ってしまったことはないでしょうか。この場合も、勝てないケースと同様に、あまりに同じような状況が続くと、だんだん心が折れていってしまいます。

どんなにタフな精神の持ち主であっても、だんだんつらくなったり、心配になってきます。

ですが、チャートは元々反対に動くように出来ているものです。反対に動く、という感覚を持っている人こそ正常なのです。

人間には元々備わっている「プロスペクト理論」という本能があります。

これは、簡単にいえば

利益は早く確定したい。
損はできることなら確定したくない。

という考え方です。

チャートは、こうした相場参加者の群集心理を元に動いています。

なので、

  1. プロスペクト理論の逆をいく
  2. 資金がショートしない損切りラインを設定する

ことによって、勝つ可能性を高めることができます。

自分にはトレードの才能がない・・・?

トレードで勝てない状況が続いたり、チャートがエントリー時の予想と逆の方向へ動いてしまうのも
自分にはトレードの才能がない・・・と言ってしまえばスッキリ、それだけのことです。

FX以外で稼ぐことをさっそく考えましょう。

何もしなくて勝てるほど、FXは簡単で甘い世界ではありません。
親切な誰かがやってきて手助けしてくれるわけでもありません。

勝てないのは、あくまでも自己責任です。

FXトレードの技術が十分に身に付いていないのが全てだと思って、上手く出来るようになるまで鍛錬を続けましょう。まずはデモトレードから…とにかく練習を積み重ねるしか勝てるようになる方法はありません。

トレード日誌をつけるのも、負けトレードを含めて、すべてが財産となるからです。

こうした地道な努力と習慣を続けることが、勝ちへとつながる唯一の道なのです。

トレードで勝てるようになるまで、おおよその期間だけでも分かれば、
目標を立てやすく、途中で挫折もせずに継続しやすいのですが、
残念ながら一概には言えず、人によって千差万別です。

ここは、FXに対するあなたの心構え(ヤル気)なりたい自分への想いが試される正念場です。

もし、ここを乗り切って、一生モノの技術を手に入れることができれば、
あなたの人生は必ずや好転することでしょう。

FXはゼロサムゲーム(敗者が必要、勝てない仕組み)

FXでは必ず敗者が必要です。

「負け組」がいるから「勝ち組」がいるのがFXの世界。すぐに勝ち組になれることなど、ほぼ皆無です。

あまり良い言い方ではありませんが、

FXというのは、隙があればダマしてやる! 身ぐるみはがしてやる! の世界です。

みんなで仲良く儲けましょう、というものではありません。

だから、FXは失敗者をターゲットとします。負けトレーダーを出すことで利益を稼ぐトレーダーが生まれる仕組みなのです。

実際にFXの世界は≪9割の初心者+1割のプロ≫で成り立っているとも言われています。
そこで、プロは初心者をカモにして、搾取するというわけです。

ですから、この世界で勝とうと思えば、
経験年数など関係はなく、プロと同じことをする必要があります。

FXで本当に勝てるのか

勝てない人というのは、たまには逆をやってみる。意外と損をするつもりでやった方が、相場の値動きに
素直な対応ができ、勝てる場合があるものです。

FXで本当に勝てるようになるのか?と聞かれれば、実際に勝ち組トレーダーが世の中に存在しているわけですから、あなたにも同じように勝てるチャンスはある、と言えます。

ですが現在はまだ、FXで勝てていない理由のひとつとして、あなたがFXに対して感じている不安恐怖、つまり負けることを怖がっているといったことなどないでしょうか。

あまりに、全てのトレードで勝つことばかりを意識してエントリーしてはいないでしょうか。

勝てないトレーダーほど、常に「勝ちたい」「儲けたい」という感情を持っています。もちろん、勝負する前から負けると思っていたら、勝てるはずもありませんが、100%勝てる相場などありません。

どっちに動くかわからない相場において、負けることはある意味当たり前で、負けトレードから学ぶという姿勢も大切なことです。

負けることに良い意味で慣れて、感情をしっかりとコントロールできるようになりましょう。
そのためのデモトレードであり、しっかり練習と経験を重ねることが重要です。

負けを知って、勝ち組の意識と考え方を理解することに努めてみましょう。そうすると、多くの勝てるトレーダーは負けるポイントというのをできるだけ回避し、負けないトレードを志向していることに気付けるはずです。