FXプレミアムトレード15M

FXプレミアムトレード15分足の手法

FXプレミアムトレード15Mは、ポンド円、ポンドドルの2通貨ペアで、毎月楽々1000pips超えを記録しているという15分足トレード手法のトレードマニュアルです。

「プレトレ」はPCの前に張り付くことなく、少ないエントリー回数で一度に大きく狙える。
しかも勝率が高いという、何ともいい事ずくめのトレード手法。

無裁量のシステムトレードで、毎日50pips獲れることを目標とするFXプレミアムトレードが、
株式会社アディ・インベストより発売されています。

FXプレミアムトレード15Mについて

15分足を使ったトレンドフォローのデイトレード手法、というのが「FXプレミアムトレード15M」です。

使うインジケーターは、移動平均線(MA)とボリンジャーバンド、VQの3つだけ。
通貨ペアは、ポンド円ポンドドル限定です。

FXプレミアムトレード15Mのチャート

青(ロンドン時間)と赤(ニューヨーク時間)のボックスで、それぞれ取引する時間が分かりやすくなっています。

手法としてはシンプル、初心者でも勝てるようにフローチャートが付いています。

エントリールール、決済ルールはともに明確です。

エントリーは3種類。エグジットはエントリーした後に
損切りの逆指値を入れながら、基本的には1時間以内に決済するルールです。

また、FXプレミアムトレード15Mは、各通貨ペアとも、ロンドン時間に最大2回、ニューヨーク時間に最大2回と、1日最大でも4回しかトレードしません。(してはいけないルールです。)

さらに、このFXプレミアムトレード15Mで特筆すべきこととしては、
毎日のトレード成績を公開しているところです。

>> FXプレミアムトレード
http://fx-premiumtrade.com

おそらくここまでしている商材はあまりないと思います。

ユーザー限定ブログが開設されており、
メールサポートにもご購入後1年間、回数無制限で対応してくれます。

VQというインジケーターを活用

VQとは、Volatility Quality(ボラティリティ・クオリティ)の略で、
ボラティリティから相場の上げや下げを予測するインジケーターです。

2007~2010年頃に世界中で大流行し、高い人気を誇っていたのですが、いつのまにかあまり聞かなくなってしまいました。

パラメーターはデフォルトでなく、FXプレミアムトレード15Mにおける独自の設定となっています。

時間決済

時間決済ルールで、通常60分以内にトレードを完結させます。

エグジットのルールは、時間になったら決済を行うという決まりで
15分ごとにチェックして、60分以内に決済を行います。

ですので、ポジションを持ったまま、ヤキモキしながら翌日まで持ち越すようなことはありません。

かなりストレスを抑えたトレードができることになります。

成績をリアルタイムで公開

FXプレミアムトレード(プレトレ)では、成績をブログで公開しているので
実績がわかりやすいと思います。

購入者専用のユーザー限定ブログでは、毎日の取引結果、1回1回の取引について詳細に解説があります。

自分の取引と見比べることによって、答え合わせができます。

初心者にはリスクが高い!?

英ポンドは他の通貨に比べて、ボラティリティが比較的高いです。そのために、FXプレミアムトレード取引対象の通貨ペアに選ばれているのだとは思いますが、初心者にはリスクが高いような感じがします。

イギリスのEU離脱問題に象徴されるように、ポンドの価格は非常に不安定な状態にあります。

大きく勝てる可能性がある反面、大きな痛手を負うリスクを持っています。

半システム・半裁量で稼ぐFXトレード

株式会社アディ・インベスト FXプレミアムトレード15Mは、半システム・半裁量のトレードができ、
再現性はかなり高いのではないかと思います。

完全無裁量のシステムトレードができると謳われていますが、レンジ相場やファンダメンタルズに弱い部分があります。そのため、裁量が少しは必要です。

FX初心者をはじめ、FXを続けていて思うような成績が残せていない方などをターゲットとしています。

ポジポジ病を直したい、という人にはおすすめかもしれません。

翌日までポジションを持ち越さない「時間決済」と、
2通貨ペアで1日最大4回まで、という「取引回数に制限」がある
トレードルールは、ポジポジ病を克服するのに最適だと思います。

ちなみに、このFXプレミアムトレード15Mの価格は59800円となっています。

◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。