仮想通貨とは

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上で使用することができる【お金】のことです。

「仮想通貨」という言葉ぐらい聞いたことがある人は多いでしょうが、日本円や米ドル、ユーロなどと違って、紙幣がない(実態がない)のが特徴です。

最近、投資の対象として話題に取り上げられることが多い「仮想通貨」ですが、本来は決済の手段として
利用されることを第一に作られたのが、はじまりです。

とりわけ海外とのやり取りをするときに通貨では、両替や送金手数料など高い費用がかかり、
しかも送金するのに日数がかかって不便だったのを解消するために開発されたのだそうです。

海外への送金や決済手数料が安く、早い。海外でも両替せずに使うことができる、という使い勝手のいい、便利な通貨というのが仮想通貨の本来の目的だったというわけです。

ビットコインという名前はよく聞くでしょうが、このほかに仮想通貨は「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」「モナコイン」「ネム」「リップル」などがあり、それぞれ特徴や仕組みなどが異なるようです。

現在、仮想通貨は全部で1,000種類くらいあるとも言われており、この仮想通貨の中で最も有名なのが「ビットコイン」です。

仮想通貨は管理者不在

各国の通貨(紙幣)であれば、それぞれ政府中央銀行が一括して管理者となっています。日本円についても例外ではなく、正しくは「日本銀行券」と呼ばれているように日本銀行が管理者となっています。

ところが、仮想通貨では同じような管理者がいません、不在です。中央管理者がいなくてもシステムを稼働させることができるようなシステムとなっているからです。

具体的には、

  • 「電子署名」で不正送金を防止する
  • 「ブロックチェーン」で取引を記録する
  • 「マイニング」によって改ざんを不可能にする

以上、3つの技術によって信頼が担保されているようです。

つまり、仮想通貨はコンピューターの発達、高度な暗号化の技術によって生み出された
新しい通貨というのが実態です。

なお、仮想通貨は、無限に存在するのではなく、発行される量が決められているようです。ビットコインの場合だと、2140年までに2,100万ビットコイン(厳密には20,999,999.9769 BTC)というように上限を決めて、価値が保たれるようにしています。

仮想通貨は発行主体もいなければ、管理団体もありません。

誰かと誰かの1対1のやり取りを、みんなで監視し合うシステムなのだそうです。

※正直なところ、技術的な詳しい内容については私自身も詳細までの理解はできていません。複数の高度なコンピューター技術を利用し、不正を防止する仕組みができているという程度の理解でよいかと思います。

仮想通貨(ビットコイン)にまつわる事件

2014年、東京にある世界最大級のビットコイン交換所であったマウントゴックスで450億円以上の流出事件が起こり、利用者に激震が走りました。

それと同時に、この事件によって「ビットコイン」という仮想通貨の存在が世間の人たちに認知されるようになりました。

ただ、この当時、被害を受けた金額自体は大きかったものの、ニュースとしては他の金品の横領や詐欺事件と同じような扱いだったかと思います。

ところが今度は、2018年1月に国内の仮想通貨取引所であるCoincheck(コインチェック)が、
新たな仮想通貨である「ネム」を流出させたことで大きな話題になりました。

それとほぼ同時期の2017年末に、ビットコインの価格が高騰していたために、
マスコミが一斉に「仮想通貨」の話題を取り上げるようになって、大騒ぎとなったのです。

ビットコインは、2010年に1BTC=約6円からスタートしたのですが、
2017年12月の最高値で1BTC=約230万円となり、およそ38万倍の価値となりました。

スタート時に仮に1万円分購入していれば、単純計算で6億円以上もの大金を得たことになります。

その後ビットコインは、3日ともたずに150万円割れと一気に暴落しましたが、
それでも4億円は儲かった計算となります。

このことから「億り人」という言葉が生まれ、
世間の人々に衝撃を与え、一気に仮想通貨が大注目のまととなったというわけです。

金融商品としての魅力(価値)

Bitcoin(ビットコイン)を例にしながら、仮想通貨の金融商品としての魅力、投資価値
どんなところにあるのか、考えてみました。

ちなみに日本のビットコインの取引量は世界一、世界全体のおよそ58%が日本なんだそうです。

  • 取引時間は、24時間365日。好きな時間にトレードできる 
    …FXは平日24時間、株式は取引所の営業時間(平日9:00-11:30、12:30-15:00)
  • ボラティリティ(価格の変動性)が大きい 
    …FXや株と比較して、ハイリスク・ハイリターン
  • 高レバレッジでの取引が可能(ビットコインFX) 
    …ビットコインの国内取引所では最大25倍のレバレッジをかけることが可能
  • 大口のトレーダーが少ない …素人が多い市場(だから他よりは勝ちやすい?)
  • 上昇率の高い銘柄を探しやすい …銘柄探しの手間がかからない
  • 情報収集の手間が少なくて済む

仮想通貨は24時間取引で、ボラティリティの高さが投資商品として魅力的です。現状では投資というよりも、価格変動が激しくリスクも高いので投機といった方がよいのかもしれません。

個人的には、仮想通貨とFXを比較すると、いまのところFXの方に魅力を感じています。また、
全体的に仮想通貨はどれも同じような動きをするので、分散投資がとてもしづらい面があります。

仮想通貨(ビットコイン)
もちろん、仮想通貨の価値ををどう評価するか、という点について意見はさまざまです。

世界一の投資家であるウォーレン・バフェットは、
ビットコインを「私には理解できないもの」と表現しています。

仮想通貨は、経済とは別の要因で値が動く要素が強く、
このことは株やFXにはみられない大きな特徴、違いとなっています。

そのため適正価格が存在しないこと、価格形成が人々の欲によるバブルであることだけで、
そのバブルがどこまで膨らむのか、そしていつ崩壊するのかなど誰にも分からない、といった状況です。

また、仮想通貨自体がもつリスクというのがあります。

  • 盗まれる可能性がある
  • 電気がないと使えなくなってしまう
  • 値動きが激しく、大損する可能性もある
  • インサイダー取引やマネーロンダリングに利用されやすい
  • 仮想通貨詐欺を狙った手口が横行する
  • ネットワークを乱すサイバー攻撃を仕掛けてくる集団がいる

安全性

運営会社のほうで何重もの安全対策が施されているとは言え、実際に事件が起きていることもあり、安全性という観点では不安を持つ方もいると思います。セキュリティ面に関して絶対に安心とまでは言い切れません。

ただ仮想通貨の流出問題をきっかけとして、監督省庁である金融庁による立ち入り検査が行われ、
仮想通貨交換業者7社に対して、行政処分(うち2社に業務停止命令)を出しています。

仮想通貨交換業者の審査をこれまでより厳格化するなど、
市場を健全に保つための規制が強化されています。

税金

仮想通貨については、株やFXとは異なった税金の計算方法です。

税制の専門用語でいえば、雑所得の総合課税となるので、累進税率で確定申告が必要となります。

売却益の金額によって税率がかわり所得税5%~45%。これに住民税が一律10%かかってきます。

これは、金やプラチナの取引と同一扱いとなっています。

なお雑所得の扱いのため、
株やFXのように赤字(損失)を、翌年以降へ繰越して損益計算できるような繰越控除の制度はありません。

1月1日から12月31日までの1年間の取引で利益が出た場合には、税金をきちんと納める必要があります。

将来性

仮想通貨をインターネット以来の発明評価する声が多くあります。

皆さんすでにご存知のとおり、インターネットは新聞や雑誌、テレビを介さずに、
人々がみずから情報の発信ができる世界を作りあげました。Youtuberや広告費で稼ぐブロガーのように「個人で稼げる人が増えた」のは、インターネットができたおかげです。

ほかにも、ユニクロZOZOTOWNなどが、これまでの中間業者を中抜きにして、大きく成功しているようなビジネスモデルを見ると、仮想通貨の世界でも同じようなことが起きてもおかしくありません。

仮想通貨は、まだまだ歴史が浅いのでこれからどのように進化するのか楽しみなところもあります。

今から投資しても大丈夫?遅くはないか?

仮想通貨の本質を考えると、少額でも今から投資を始めても悪くはないのではないでしょうか。

2018年1月16日に仮想通貨全体が大暴落しました。

値下がり幅の少なかったビットコインでも20%減。12月の最高値の約半分にまでなってしまいました。

価格下落の要因はいくつか挙げられますが、中国はじめ各国の仮想通貨に対する規制やビットフライヤーFXでのサーキットブレーカーの発動が暴落の要因ではないかと言われています。

これによって完全にバブルが崩壊した感はありますが、ビットコインのように長期投資で何万倍などというのは、もはや投資の対象としてのレベルは超えたものです。億万長者となった人はまさに先見の明があった、と言えますが、普通の人からみれば、「宝くじ」に当たるようなものと考えた方がいいと思います。

あるいは、私は実際に体験したわけではありませんが、アメリカの古き良き時代の「ゴールドラッシュ」を彷彿させ、思い起こさせるような出来事だったのではないでしょうか。

もし、これから仮想通貨で第二のビットコイン“夢の通貨”を狙うのであれば、もう遅い。とは思いますが、短期投資であれば、まだまだ可能性は大いにあるかと思います。

ビットコイン

未来をどう考える

「仮想通貨」が世界から無くなることはないと思います。

ビットコインについていえば、2017年12月を頂点に投資商品としてのピークは過ぎた
と言えるかもしれません。

ただし、他の通貨も含めて、将来どうなるかの予測はつきません。

仮想通貨に関しては、まだまだ未知数な部分が多いのが現状です。

新聞やニュースでたまに話題とはなっていますが、ビットコインで買い物ができるお店は、
日本ではビックカメラ、コジマ、ソフマップなどまだ指折り数えられる程度、少ないのが現状です。

考えられる要因としては、今のビットコインでは値動きがあまりにも激しすぎるからです。変動幅は以前に比べて小さくなったとはいえ、それでも1日に8%くらい価格が変動することもあります。

そのため、同じ商品を売買するにしても毎日金額を計算し直す必要があり、安定した価値(価格)をもって一般に流通する「お金」としては扱いづらい部分があります。

だから仮想通貨を買っている人のほとんどは、値動きの差額で利益を得ようとしている投機が目的であり、通貨として使っている人は、ほとんどいないというのが現実です。

仮想通貨(ビットコイン)の始め方

始め方がわからないという方でも、ネットが使える人であれば
ネットショッピングをするように簡単に仮想通貨を購入することができます。

大まかには、

  1. 取引所に登録
  2. 入金(銀行、コンビニ振込)
  3. 仮想通貨を買う
  4. ウォレットで保管する

といった流れです。

取引所

仮想通貨の場合、取引所といっても、証券会社の窓口のように実店舗を構えているわけではありません。

大手の仮想通貨取引所には以下のようなところがあります。(仮想通貨交換業者の一部です。)

  • bitFlyer…国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業。ビットコインを無料でもらうことができる!
  • GMOコイン…GMOクリック証券でも有名なGMOグループが開設する仮想通貨取引所
  • Zaif…Bitcoin(ビットコイン/BTC)やNEM(ネム/XEM)、日本産の仮想通貨MONAcoin(モナコイン/MONA)など16種類の仮想通貨を取扱う
  • DMM Bitcoin…さまざまな手数料が無料!現物2種、レバレッジ7種が取引可能
  • bitbank…アルトコインの手数料が安い。リップルでは、取引高が世界一!

仮想通貨の場合、取引所のほかに販売所があります。

販売所と取引所の違いは「購入先」です。

  • 販売所・・・仮想通貨交換業者から直接、仮想通貨を売買します。
  • 取引所・・・個人間から直接、売買をします。

販売所はB to C(企業対個人)、取引所はC to C(個人対個人)の取引になります。

取引所のメリットは、手数料がダントツで安いことです。
販売所は、取引所よりも手数料が高くなっています。

また取引所は最小取引単位が小さく、同じbitFlyer(ビットフライヤー)の中でも、
販売所だと約1万3000円~となりますが、取引所だと1円が最低取引単位となります。

なお、取引所を選ぶ際には、

  1. セキュリティの高さ
  2. 手数料の安さ
  3. サーバーの強さ
  4. 取り扱い通貨の種類
  5. 使いやすさ

の5つのポイントに絞って検討してみるのがよいかと思います。

※仮想通貨取引の具体的な内容やご質問がありましたら、それぞれの取引所へ直接お問い合わせください。