ProEX(プロエグジット)

ProEXをレビュー

ProEXはMT4専用ツールになります。一般販売されていない、限定ツールです。

このProEXをExpertsフォルダに入れることで、MT4の機能を簡単に拡張することができます。Mt.moreさんが開発した決済だけに限定したエキスパートアドバイザー(EA)です。

ProEXは、決済に特化したEAであり、エントリー機能はありません。

開発者のタイミングでシグナルを出すサインツールと違い、ProEXはトレーダー独自のタイミングでの自動化を図ることが可能です。

あなた自身が利益確定・損切りの値を決めることで自分の決済ロジックを自動化できます。

例えば、

  • 任意のラインタッチで自動的にストップロスラインを移動
  • 任意のラインタッチで自動決済
  • ポジション一括決済

といった任意のルールに従い、チャートを見ていない時でも、適時建玉をコントロールすることができます。

ProEXを使用する際、推奨する証券会社はXM(海外業者)となっていますが、MT4が使える環境があれば大丈夫です。

また、特典として無料インジケーター「ProLineV」、自動高値安値インジケーターが付属しています。

決済のみに特化したProEX(プロエグジット)

MT4の決済機能を拡張するインジケーターがProEX(プロエグジット)です。

縦・横・斜めのライン、MAやボリンジャーバンドなどのインジケータのライン、さらに時間設定など、
さまざまな要素を使って決済を自動化することが可能です。

変動する遅行指標に同時に対応できるのはProEXだけです。

なお、ProEX(プロエグジット)は自動決済するだけでなく、手動決済のサポートをすることも可能です。クリックひとつで全てのポジションを一気に決済することができます。

複数ポジションの一括管理や分割決済、両建てなども設定により可能です。

プログラムを書く必要がないので、決済をスムーズに手軽に実践できるようになります。

他のインジケーターと併用できる

このProEXはあくまでも拡張機能なので、他のインジケーターと組み合わせて使用する
ことができます。付属のインジケーターもありますが、既存のものがあればそのまま使えます。

インジケーターが出すアラートやシグナルに合わせた決済ができ、

  • 自動エントリー型EAとセットで完全自動売買システムを設定する
  • ライン自動生成系インジと連動して、全自動決済システムを可能にする

といった運用も可能です。

ただし、オシレーター系には現在対応していません。ですのでオシレーター指標で損切りや利食い、移動をする手法のものは利用できません。

「決済を変える」だけで成績が上がる?

「決済を変える」だけで成績が上がるのかと言えば、一概にその通りだと言い切ることはできません。

ただ検証するだけでは分からない、メンタルやバイアス、プレッシャーなどがトレードへ与える影響は結構大きいと思います。

スキャルピングでチャートを常時監視していても、感情が邪魔をして思い通りにトレードできないことがあります。デイトレードスイングトレードなど、チャート監視ができない時間帯に動かれると利益を増やそうにも対応が難しくなるので、早めに利益確定してしまうといったケースもあるでしょう。

そんな時、あらかじめ決められた決済ルールによって自動化できるこのシステムで、決済の負担を軽減することは可能です。

ProEX(プロ・エグジット)は複数の決済ルールを同時に稼働でき、いつでも変更や停止ができます。

裁量トレーダー用トレードツール

ProEXは基本的に、裁量トレーダー用として作られました。
決済ラインをトレーダーが決め、指定することを想定しています。

自分のトレードスタイルを崩さず、そのまま手持ちの手法を強化・自動化できるというFXツールです。

このツールがあれば稼げるなどというものではありません。

よくあるEAのように、ほったらかしで任せておけばいいというものでもありません。
このProEXにロジックは全く搭載されていないからです。

ですので、入れるだけで結果を期待する、全自動系EAやシグナル配信など
を好むトレーダーの方には、お勧めできません。

「資産を守る」ツール

このツールの最大の特徴は「資産を守る」ことです。

勝つためのロジックというより、負けないロジックという印象です。
負けない状態を作る、負けトレードでも大ケガを回避するということに注力した守りのツールです。

ただし、初心者がこれを使えば資産を守れるというほど単純なものではありません。

問題は、使いこなせるかどうか?

使える人であれば、自身の大事な資産を守るための安全対策という意味で、
ひとつの選択肢になり得るのではないでしょうか。


◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。