FXスキャルピング革命

FX-Jinのスキャルピング教材

「FXスキャルピング革命」は2016年10月から発売されているスキャルピング教材です。

大ヒットした恋スキャFXビクトリーDXのロジックを監修。FX商材に関しては業界最大手のクロスリテイリング株式会社の総帥(ファウンダー)でもあるFX-Jinが、かつて提供していたシグナル配信サービスのトレードロジックを商品化したものです。

年間10000pips以上を獲得し、1700名以上の会員資産を10倍にした実績をもつという、伝説のシグナル配信のロジックを手に入れることができます。

スキャルピングの魅力とは?

スキャルピングは、短時間で利益をどんどん上げていく手法です。

「スキャルピングは難しい」と言われる方も少なくないのですが、勝てるようになれれば、短時間取引ですぐ利益になるので、スキャルピング手法は止められないのです。

仕事が忙しいサラリーマンや、家事で忙しい主婦の方など、じっくりトレードに取り組む時間がない人にはピッタリ。

基本的にトレードを翌日に持ちこさないので、ストレスもたまらず、手法もシンプルなものが多いです。

サラリーマンや主婦の方など、空いた時間にパパッと稼ぐには最適なFXの取引手法だと思われます。

FXスキャルピング革命のレビュー

FXスキャルピング革命は、スキャルピングのカリスマトレーダー FX-Jinこと山口孝志氏がシグナル配信をしていた時の手法を、できる限り再現性を高めたロジックにまとめあげて教材にしたものです。

購入者限定の会員ページが用意されており、FX-Jin氏が得意とするスキャルピングに関する解説が「動画」による講義を中心にあります。本編の動画解説だけでなく、ロジックの利益を上げるために7つの動画も準備されています。

初心者である高橋さんがテストモニターとして参加したプロモーション動画企画。初心者トレーダーにありがちな「トレードルールを守れない」「エントリーしなくなっちゃう」というリアリティが伝わる内容でした。

この会員サイトはスマートフォンでも閲覧可能なので、通勤中やちょっとしたスキマ時間を利用して、 効率的に学習できます。

FX-JinのFXスキャルピング革命は、忙しいサラリーマンの方でも、
短時間で!爽快に!スパっと!利益をあげられる
、というのが売りです。

相場に長く滞まることはしないので、ストレスフリーで短時間での利益獲得が期待できます。

具体的には取りこぼしナシ、高勝率のWスキャルロジックとして 2つのロジックが公開されています。

  1. トレンドの勢いに乗って、高速で利益を狙う『スピードスキャル』
  2. トレンドの反転を狙う『カウンタースキャル』

両方とも5分足を使用した、トレンドフォロータイプのスキャルピング・ロジックです。まだ経験の浅い初心者の方でも十分取り組める内容となっています。

Wスキャルロジックはともに「相場は波を描いて、上昇下降を繰り返す」という部分に着目しています。相場の波形を重視して、見ていくトレード戦略です。

スピードスキャルの特徴

スピードスキャルは、初心者向けで実践しやすい、この教材のキモともいうべき手法です。

通貨ペア:ドル円・ユーロドル・ポンドドル・ポンド円・ユーロ円
時間足:5分足
ポジションの保有時間:5分~1時間程度
リスクリワード:1:1~2:1程度

平均勝率93%、1日20~30回のエントリーチャンスが見込めます。

利用するインジケーターは1つ。利益確定・損切りのラインが明確なので、エントリー後はOCO注文にてほったらかしが可能。

10pipsくらいの利益をコツコツ積み重ねていく手法で、ポジション保有時間も短いので取り組みやすいと思います。

カウンタースキャルの特徴

カウンタースキャルは、大きく利益を取れるトレード手法を目指して作成された、新たな利ザヤを狙った手法です。トレンドの転換部分(カウンター)を狙う手法です。

通貨ペア:ドル円・ユーロドル・ポンドドル・ポンド円
時間足:5分足
ポジションの保有時間:1時間~1日程度
リスクリワード:1:2~1:4程度

平均勝率70%。利用するインジケーターは複数の利用です。

相場の反転を確認して、トレンドの初動を捉え、できる限り利益を最大化します。

上手くトレードできれば利益を大きく出せるのが特徴ですが、スピードスキャルに比べれば難易度は高めです。

他のスキャルピング商材との違い

スキャルピング革命を販売するクロスリテイリング社は、FXの初心者トレーダーに役立つ内容を提供し続けています。

特に、スキャルピング商材に関しては定評があり、下記のような数多くの商材を発売されています。

恋スキャFXビクトリーDXとFXスキャルピング革命の違い

「スキャルに恋するサラリーマンの為のスキャルピングマニュアル!!」の謳い文句で有名な恋スキャFXビクトリーDXは今も愛用者が増加中です。

ともにスキャルピング商材である恋スキャFXとFXスキャルピング革命は、同じ短期トレードの教材なのですが、レンジ相場を得意とする戦法の恋スキャFXに対し、FXスキャルピング革命はトレンド相場でのスキャルピングトレードという大きな違いがあります。

そもそも戦いの場となる相場が違うトレード手法のため、これまで恋スキャを愛用されてきたトレーダーの方が、FXスキャルピング革命のトレンドフォロー手法を加えることで、より多くの相場に対して攻略の引き出しを増やすことも可能です。

ロジックは複雑ではないため、実践に使える方法として両方とも推奨できます。

秒速スキャルFXとの比較

同じクロスリテイリンググループで、スキャルピングの王様FX-Jinが代表をつとめる一般社団法人 日本投資家育成機構からは秒速スキャルFXというスキャルピング商材が販売されています。FX-Katsuさんの秒速スキャルFXとの違いも比較してみました。

どちらも2016年夏の発売で、手法はよく似ています。

トレードスタイルとしてはどちらもスキャルピングで、トレンドの天井、底を狙うというスタイルも同じです。

両者の一番の違いとしては、FXスキャルピング革命のカウンタースキャルロジックは、時間足は5分足でトレードされていましたが、秒速スキャルFXは、1分足というところです。

内容としては、どちらもきちんとしているので、どちらがいいかは各自のトレードスタイルや好みによって選んだらいいと思います。

初心者トレーダーが「とりあえず利益を出す」のに適した勝ち方を教えてくれます。

恋スキャFXや秒速スキャルFXは「初心者トレーダーが、とりあえず勝つ」のに適したFX商材だと評価しますが、FXスキャルピング革命もおなじように位置づけられる商材です。

利益が出ていれば、それだけでFXを続けることができ、自信にもなります。

今回のスキャルピング・ロジックは、FX初心者の方向けに作られており、非常にシンプルです。

スピードスキャルは、勝率の高いロジックで、かなりの高評価。一方、カウンタースキャルは裁量の要素が大きく、難しめの手法です。最初に取り組むのであれば、スピードスキャルからはじめるのがオススメです。

なお、それぞれロジックを理解したうえで、ある程度の練習・コツをつかむことは必須です。

また、サインを使ったシステムトレードではないので、半裁量・半システムくらいのイメージで行う必要があるので、注意してください。

相場の世界に絶対というのはありません。実践でのトレードの結果には個人差がでます。

トレンドフォロー戦略はレンジ相場に弱いので、相場を見極めて、レンジ相場を避けるだけで、勝率はかなり上がってきます。チャート予想とは逆に動く「ダマシ」もあるので、注意する必要があります。

FXは正しい知識と技術を身につけてしまえば、一生稼ぎ続けることができます。

普段忙しくて、なかなかトレードする時間や勉強する時間がもてないという方に、おすすめできます。


◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。