FXデイトレ大百科

及川圭哉のFX手法を公開

及川圭哉さんは指導者として現在活躍しており、FX塾(スクール)等を通して多くの常勝FXトレーダーを誕生させてきています。

最近では、FXismプロコントローラー改というMT4で使える取引支援ツールをリリースしています。

及川圭哉

及川さんは株式投資から始め、FXに移行したらしいのですが、ここまでの道のりは順調で平坦だったわけではなく、今までに合計6回も無一文になっているのだそうです。

そんな中でも、少額の資金から人生を大逆転できる可能性があるモノは何かと考えたところ、「やっぱりFXしかない!」との結論に至ったといいます。

そして、研究の結果、トレンドの初動を捉えることに成功し、ついに億トレーダーの仲間入りを果たしたというわけです。

及川圭哉氏は自身のYoutubeチャンネルをもち、日々のトレード動画なども随時アップしています。
>> FXism公式YouTube

FXismデイトレ大百科のレビュー

FXismを主宰する及川圭哉氏の手法を学び、専業トレーダーを目指せるカリキュラム。

FXismデイトレ大百科は、もともと勝ち組トレーダー育成請負人、及川氏のFX塾「天才チャート」の内容を流用したものです。動画コンテンツが充実しており、はじめての方でも分かりやすいと思います。

デイトレードで50pips以上の利益をコンスタントに得るために開発されました。

  • 月間500~1000pips獲ることを目標
  • 月間利益率50%以上、3年で1億円を目指す
  • 資金は10万円からトレード可能 (30万円以上での取引を推奨)
  • 特典として、及川式スキャルピング講座、2019年に開催されたFXオンラインスクールの「及川式スキャル講座」の内容をPDF化した資料も同梱
  • 専門スタッフによるメールサポート(6ヶ月間)

メインとなるのはデイトレードの5分足トレンドフォロー手法ですが、付属の「FX天才チャート」を使って、シグナル通りに取引することができます。

天才チャートを使いボリンジャーバンド、パラボリック、移動平均線などを見ながらボックスをブレイクした後の最初の押し目や戻りを狙ってポジションを取り、トレンドについていくトレンドフォロー型のロジックです。複数の移動平均線を使うことで、トレンドの転換点を見極めて利益を出していきます。

なお、基本のロジックをそのまま真似るのではなく、相場分析を加えながら、トレードする時間帯や抵抗ゾーンなどにも注意をしていくことで、及川式の5分足トレード手法をより精度高く実践できるようになります。

そのために参考となるリアルトレード動画を及川圭哉氏は定期的にアップしています。

MT4のオリジナルチャート「FX天才チャート」を活用

「FX天才チャート」は、5分足でのトレードに特化したオリジナルチャートです。

パーフェクトオーダーの出現をシグナルで知らせてくれるインジケーターです。

天才チャート

具体的には、エントリーポイントを示す場所に「★マーク」のシグナルが表示されます。

①「鉄板エントリーポイント」発生をチャート上でリアルタイムに表示
②発表30分前から「指標発表警報」をチャート上に表示
③通貨ペアのトレンド強弱を見極める『ブルベアマーク』を常時表示 (ブル=強気(上昇パワー)、ベア=弱気(下落パワー))
④トレンドの強弱を測る3色(青・黄・赤)のラインを表示 →利確や追加エントリーの目安に
⑤ボラティリティを自動表示 直近の平均ボラ&当日のボラ

天才チャートトレードは、基本的にMAタッチでトレードします。ローソク足の終値を待たないでエントリーする場面がほとんどです。

その見落としがちなポイントを知らせてくれるので、利益の取りこぼしナシ!の便利なツールです。

オージーテクニカル

FXismでは、オージー系の通貨ペアのトレードもあります。

オージーテクニカルというのはオーストラリアドルを中心として、ドル・ポンド・ユーロなど他の通貨との相関関係から通貨間の強さや弱さなどを把握し、トレードをしていくやり方のことです。

オーストラリアドルだけではなくニューヨークダウや金、クロス円通貨など相関関係が起こりやすいので、そういったポイントを把握しながらトレードに生かしていくと良いトレードができるというわけです。

ガチ速FXについて

及川さんはFXismデイトレ大百科やFXismプロコントローラー改のほかにガチ速FXという本をリリースしています。

書籍名は、「ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”」という本で、これがAmazonの6月&7月と2ヶ月連続で、投資関連本・売上ランキング第1位を獲得しています。


ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”

著者:及川圭哉
ぱる出版 (2019/6/1) 
単行本: 176ページ
価格:1,620円(中古:1,150円~)

ガチ速FXとデイトレ大百科との違い

ガチ速FXとデイトレ大百科との違いは、本と情報商材(オンライン教材)というのが大きく違います。

ガチ速FXは単行本で176ページです。それに対して、デイトレ大百科は動画教材が55本以上、動画をPDF化したものが400ページ以上あります。

「ボリューム」という点においては、圧倒的にデイトレ大百科のほうが大容量です。

ガチ速FXは、デイトレ大百科の後に発売されています。なので、要点がコンパクトにまとめられており、濃縮度はかなり高いと言えます。

他にも、次のような点が両者の違いとしてあげられます。

ガチ速FX デイトレ大百科
「基本」を徹底的に押さえている 基本+ありとあらゆる「応用編」が用意されている
「移動平均線」が中心 移動平均線以外に「水平線」も利用
テキストなので随時、復習&確認がしやすい 動画は内容を掌握するまでに時間がかかる(PDFテキストあり)



併用するなら、ガチ速FXで「基本」を押さえて、デイトレ大百科で「各種応用」を勉強するといった感じです。

手っ取り早く全体像を確認するにはガチ速FX(書籍)、デイトレードを徹底的に“深堀り”するのであればデイトレ大百科(オンライン教材)というのが妥当な選び方だと思います。

【FXism】及川圭哉の勝ち組トレーダー育成プログラム

及川圭哉さんのトレードに興味があるトレーダーであれば、かなりお買い得な商品だと思います。

良心的な価格で、サポートもあり動画コンテンツも豊富なのでコスパは非常に良いです。

  • 2017年当時の天才チャートFX塾の参加費よりかなり安い。
  • 教材内容としては、ほぼ同等の内容が提供されている。

2万円台と価格は手頃にして、FXトレードのテクニックが幅広く学べる内容となっています・

手法そのものはオーソドックスで目新しさはないものの、
複数ポジションや倍掛けエントリーして一気に利益を取る手法も学べます。

ただし、こういった手法は、誰でも出来るものではなく、FX中級者以上向きの内容です。

便利なチャートを使うとはいっても、裁量の要素がかなり多いので、運用実績はトレーダーによって差が出てきそうな感じはします。

しっかりと内容を理解して、実際に動いている相場の中で的確にトレードをすることができるようになるまでにはある程度、時間も必要です。

一度身につけてしまえば使えるデイトレ手法だとは思いますが、実践するトレーダーの裁量、実力次第ではないでしょうか。


◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。