永久不滅のFXトレンド法則 Phoenix Trend FX ~フェニックス・トレンドFX~

勝率95.7%、年間利益1億3800万円という数字に思わず目を奪われてしまうのがPhoenix Trend FX ~フェニックス・トレンドFX~です。

フェニックストレンドFXのノウハウ提供者は天才トレーダーと称される脇田輝明氏、販売はクロスリテイリング株式会社がおこなっています。

販売ページのなかで天才トレーダーと称されている脇田氏については、この商材を知るまでは正直なところ私は知りませんでした。特にSNSやメディア等で情報発信をされている様子もありません。

しかし、この内容をみると

相場のシナリオを100年以上支配し続ける エリオット波動
×
「百発百中のトレンド」の”初動”を見極める グランビルの法則

投資界の二大理論を融合させ導き出した世界一正しいFXの稼ぎ方

という王道のFX手法のようです。

Phoenix Trend FXのレビュー

Phoenix Trend FXエリオット波動グランビルの法則をベースにタイミングを図って仕掛けます。

具体的には、エリオット波動の第5波で仕掛けるトレンドフォロー手法であり、トレンド相場でしっかり稼ぐ手法です。なのでレンジ相場には弱く、トレンド相場に強いという特徴をもっています。

トレードスタイル:スキャルピング~デイトレード
ロジック:トレンドフォロー(順張り)
オリジナルツール:あり
ロジック開発者:脇田輝明

5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足と幅広い時間足に対応。

トレードチャンスは毎月350回程度と説明されています。

エリオット波動とは?

エリオット波動とは、相場の周期を捉えた考え方で投資家心理を活かしたトレード手法として100年近く語り継がれる分析方法です。ラルフ・ネルソン・エリオット氏が考えた株式投資のテクニカル理論のことです。

エリオット波動の上昇の条件では「3つの上昇波のうち上昇第3波が最も長くなる」とあり、一般的には 第3波を狙うことが多いです。

ところが、このPhoenix Trend FXでは第5波を狙って仕掛けるところが最大の特徴となっています。

第5波を狙う理由としては、第1波と第2波を見極めるのが難しいからとのこと。大きな利益は狙えるが、不確実性の高い第3波より”確実性”を重視した結果、独自のスタイルとなった模様です。

グランビルの法則でエリオット波動を補完

グランビルの法則とは、ジョセフ・E・グランビルという人が考えたチャート分析方法です。グランビルの法則は、8つのチャートパターンから今後の方向性を予測して分析します。

このグランビルの法則の8つのチャートパターンの中から、③の買い増し、⑦の売り乗せの相性が良いとして、エリオット波動を捉えるためのフィルター的な役割で取り入れられています。

トレードをサポートするためのツールが付属

通常のチャートを使ったトレードでは、エリオット波動やグランビルの法則を有効的に活用するには経験スキルが必要になってきます。

そのため、エリオット波動の第5波自動的に捉え、シグナルとして表示するオリジナルツールが付属しています。

Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンドFX)では、3つのツールが視覚的に捉えやすいように表示してくれます。

  1. マルチタイムE×Gチェッカー(5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足のチャートでサインを出すソフト)で、準備シグナルが発生している時間軸を見つける
  2. パーフェクトE×Gサインツール(予備サインと本サインを出すソフト)で本シグナルの発生を待つ
  3. マネジメントE×Gツールで決済注文を出す

このPhoenix Trend FX(フェニックス・トレンドFX)での基本的なトレードは以上の3ステップです。

エリオット波動の第5波の初動をサインで知らせてくれるので初心者でも迷わず、エントリーポイントを見つけ出すことができます。

エントリーさえすれば、マネジメントE×Gツールを使ってOCO注文で自動決済可能。さらに、このツールでは最大許容損失からロット数の自動計算までしてくれます。

ですので、特別な分析やエリオット波動、グランビルの法則に合致するチャートを見つける手間を省くことができ、より再現性が高くなっています。

FXで楽して稼ぎたいという方には、検討する価値があるかもしれません。また、サインツールを使いながら裁量トレードを学べるという利点もあります。

サインツールを使った裁量トレードが基本

Phoenix Trend FXのエントリーポイントや利確、損切りポイントは明確であり、エントリーはツールによって視覚的に確認できますので、誰でもできる再現性は非常に高いと思います。

ですが、あくまでエントリーは自分で決めて行う必要があるので、この点には注意が必要です。

永久不滅のFXトレンド法則 Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンドFX)は完全自動EA(自動売買ツール)ではなく、裁量トレードだということです。

フェニックス・トレンドFXは売買のタイミングを教えてくれる便利なサインツール付きなのですが、このサインに従えば高い勝率までもが再現できるというわけではありません。

ツールだけでトレードすれば勝率は70~80%とのこと。勝率を上げるためにはトレードスキルを身につける必要があるとも言われています。

つまり、商品サイトでうたわれている勝率95.7%は誰でも可能なわけではないこと示唆しています。

勝率を上げたかったら、サインが出てもエントリーするかどうかを自分自身で見極めなければならないというわけです。

そのためのツールをうまく活用できるかどうか。ツールが表示する波動の初動をうまく捉えられるかが トレード成功への鍵となります。


◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。