FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL

1日30分以内のトレードでプロ以上に稼ぐ!?解説書

1日30分以内のトレードで専業トレーダー以上の利益をたたき出す!?しかも、トレードだけで生活できるレベルの利益を獲得するための勝ちパターンを開発したと言われているのがFX MISSION ZEROです。

毎朝30分以内の時間で、
取引オーダーをすべて終わらせ、
次の日の朝までは何もしない。

チャートも見ない。

こんなトレード方法で実際に稼げるのでしょうか。

FX取引では、およそ9割の個人投資家が利益を出せていないと言われている状況の中で、常識はずれの方法と言えるかもしれません。

ですが「FX取引をするには時間が必要!」というのは、いったい誰が決めたのでしょう?

本当のことでしょうか。間違い、なんてことはないでしょうか。

このFX MISSION ZERO(FX ミッション ゼロ)はトレードに使う時間を限りなくゼロに近づけながら、プロトレーダー以上に稼ぐためのFXトレード法として考案されました。

トレードに使う時間は毎朝30分だけ。
勝ちパターンを覚えれば、どの時間帯でも取引することができます。

もし、こんなトレードを実現できるとしたら、あなたは知りたいと思いますか?

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL -FX ミッション ゼロ マニュアル 完全版-

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL -FX ミッション ゼロ マニュアル 完全版-
スイングトレードです。

4時間足以上であれば、FX MISSION ZEROはどの時間足でも活用することができます。
(実際には、4時間足日足を使うことになるかと思います。)

長い時間足を使用するのは、

  • 基本的に、チャートの時間足が長いほど、長期的な相場の動きを予測することが容易になる
  • 長い時間足の方がだましが少ない

といった点を考慮した上でのことみたいです。テクニカル精度が向上する一方、トレード頻度は減少しますので、この点は理解しておいてください。

マニュアルはダウンロード版のみ、PDFファイルで92ページあります。 

第1章 プロローグ
第2章 「FXミッション・ゼロ」10の勝ちパターンで無敵に
第3章 FXミッション・ゼロでどんな相場も自由自在
第4章 パターンを覚えればすべての相場に応用可能
第5章 トレードで最も大事な3つのこと
第6章 エピローグ 悔いのない人生を生きるために

手法以外にマインド資金管理についての説明もきちんとあります。

具体的なトレード方法としては、

ボリンジャーバンドのみでチャートの監視を行います。
そして、勝ちパターンに当てはまる通貨ペアがあったら、注文を入れるだけ。

たったこれだけです。

「勝ちパターン」には、10種類のチャートパターンが用意されています。

また、取引する際に5つの原則が決められています。

  1. エントリーは仕掛けポイントに限定して選ぶ
  2. レバレッジは想定リスクと想定リターンに合わせてコントロール
  3. 損切り(ストップロス)を使用する
  4. 利食いは節目ごと、段階的に行う
  5. 利益が乗ったら、必ず買値上(売値下)にストップを置く

推奨されるレバレッジは0.5~3倍程度、通貨ペアはメジャー通貨を中心に21種類が利用できます。

ボリンジャーバンド一つで、これだけのシステムとルールを構築できることに驚かされましたが、
誰もが取り組みやすい感じで、とてもシンプルな手法に仕上がっているという印象です。

10の勝ちパターン

FX MISSION ZEROは、FXで利益を出すための勝ちパターンを学ぶことができます。

この勝ちパターンを覚えれば、どの時間帯でも取引することができます。
また、4時間足以上であれば、どの時間足でもこのパターンを活用することができます。

FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL(FX ミッション ゼロ マニュアル 完全版)では、
勝ちパターンが10個紹介されています。

下記の勝ちパターンが出た時だけ取引することで、あなたも短時間で利益を獲得することができます。

FX MISSION ZEROの10の「勝ちパターン」

MISSION 001 一方的なトレンドが終わった後の調整の動きに乗るトレード
MISSION 002 レンジ相場からのブレイクに乗るトレード レンジブレイク手法
MISSION 003 特定レンジ相場でのレンジ上限下限から内側に仕掛けるトレード
MISSION 004 方向感のない相場で仕掛けるトレード
MISSION 005 押目買い、戻り売りトレード
MISSION 006 強いトレンド中の押目買い、戻り売りトレード
MISSION 007 抵抗線・支持線でのトレード
MISSION 008 マルチタイムフレーム分析を利用したMISSION 001の応用トレード
MISSION 009 マルチタイムフレーム分析を利用したMISSION 003の応用トレード
MISSION 010 数年に一度現れるかどうかのセーリングクライマックス時でのトレード

この10個のパターンを見つける練習をすると勝てるようになるというわけです。

販売ページでは、MISSION 001:(勝ちパターン1)買いの場合の事例が取り上げられています。

勝ちパターン1

このMISSION 001だけを実践するだけでも十分な利益となる可能性が高いです。

マニュアルでは、さらに詳しい内容の説明があります。

トレード・ルールではなく「勝ちパターン」

トレード・ルール勝ちパターンの違いがよく分からない、
ほぼ同じではないのか、という感想をよく聞きます。

正直、この区別については、まだ明確な答えが分かっていません。

ただ言えることは「勝ちパターン」には外的要因と内的要因の二つの要因がある、ということです。

  • 外的要因:チャートの形、相場展開
  • 内的要因:利益を獲得しやすいエントリーのタイミングや注文方法、イグジット(利食い・損切り)という一連の行動プロセス

つまり、チャートが勝てる形をしていても、行動が伴わなければ勝てない。
行動が正しくても、チャートが不利な形なら、勝てる確率はぐんと下がる。

勝つためには、上記の二つの要素が必要であり、
両方の条件が揃うことではじめて勝つことができる、ということではないかと思います。

【特典】FX MISSION ZERO(有料「メルマガ+掲示板」)が1ヶ月間、無料で利用できる

購入者は、FX MISSION ZEROの有料「メルマガ+掲示板」が1ヶ月無料体験できます。
(この特典のお申し込みにはクレジットカードが必要となります。)

ここでは同じトレーダー仲間や鹿子木氏より、メルマガ掲示板を使ったフォローが受けられます。

ただし、最初の1ヶ月だけ無料ですので、
2ヶ月目以降につきましては、月額購読料:4,980円の利用料金がかかります。

勝ちパターン発生お知らせ配信メール

なお会員制コミュニティ「FX MISSION ZERO」には、勝ちパターン発生お知らせサービスがあります。

これは勝ちパターンが発生し、鹿子木氏が実際にポジションを持つときに、
事前に登録されたメールアドレスへ情報が配信されるサービスです。

このサービスを活用すれば、どういった所が「勝ちパターン」なのか知るのに役立ち、
使い方によってはシグナル配信の代わりともなります。

FX MISSION ZEROの10の勝ちパターンを完全に習得するには、
曖昧な判断基準が多く、練習がどうしても必要です。

不慣れで、どのパターンか判断できない間は、掲示板やこの勝ちパターン発生メールを利用して答え合わせするのも、1つの活用法です。こうした活用ができれば月額 4,980円という価格は、決して高いものではない、というふうに考えることもできます。

鹿子木(かなこぎ)健さんについて

FX MISSION ZERO「10の勝ちパターン」開発者は鹿子木 健さんです。

珍しい苗字ですが、鹿子木 健(かなこぎ けん)とお読みします。

鹿子木さんは株式会社Kanakogi Kenの代表取締役をつとめ、自らFXトレードで利益を出すだけでなく、
手法の開発コーチングができる数少ない投資家です。

『けんのFX勝ちパターン』というサイトを運営しており、FXの情報発信も行っています。

鹿子木健さんは著書に、一週間でマスター FX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?(雷鳥社)があります。

生活にあわせたトレードが実現できる

「FX MISSION ZERO COMPLEAT MANUAL」の鹿子木健さんは1日30分以内の取引で専業トレーダー以上に稼ぎ、経済的自由を手に入れるだけでなく、トレードからも自由、つまりトレード時間をゼロにすることを提唱しています。

FX投資にかける時間を最小にしながら、最大のリターンを得られる方法を日々研究されています。

毎朝30分以内にすべての取引を終わらせ、翌朝まで放置できるとすれば、
時間効率やメンタル的にもかなり楽ができます。

しっかりとしたロジック、ルールに基づいて正確なトレードをすることで、
生活にあわせたトレードが実現でき、安定的に勝つ力を得ることができます。

そのために考えられた鹿子木式の「勝ちパターン」です。

トレード回数が多いからといって、勝つわけではない

というのは、言われてみれば当たり前のことなのですが、トレードのことで頭がいっぱいだった時には、ハッと気づかされた部分でした。

迷っている時に、こういった鉄板ルールは良いかもしれません。

スキャルピングで勝てなくて悩んでいる人、スイングをやってみたい人には試してみる価値があると思います。

個人的には“コレで勝てるなら…”という前提が入りますが、1日のトレードにかける時間の少なさ、に思わず魅力を感じてしまいます。

◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。