24FX

初心者でも24時間いつでもどこでも稼ぐFX投資法を公開

初心者でも24時間いつでも利益を狙える新手法というのが24FXです。

FXの常識を打ち破る、ローソク足を使わない全く新しいFX投資法として販売されています。

24時間いつでもどこでも好きな時に好きなだけ利益が狙える「24FX(トゥエンティーフォーFX)」は
FX初心者でも、負け組トレーダーでも問題なく使える手法とのことです。

マイキー田中

24FX(トゥエンティーフォーFX)はプロFXトレーダー、マイキー田中さんによるトレードノウハウ。

マイキー田中氏の『旅をしながらFXで自由に』というスタイルは
ドラゴンストラテジーFXの旅するトレーダー「ヒデ」さんと同じですね。

24FX (トゥエンティーフォーFX)について

24FXはテキスト(A4版、341ページ)に90日間のメールサポートがあります。

マイキー田中の24FX(トゥエンティーフォーFX)でのトレードは、たったの3ステップです。

STEP1.パソコンを開いて、トレンド相場かレンジ相場か見極める
STEP2.サインが出たらエントリーする
STEP3.利益確定する

STEP2の「サインが出たらエントリー」というのは、裁量手法によって
自分でサインを見つける必要があります。

実績については、マイキー田中氏のものは非公開、実践者の実績のみというのが少々残念なところです。

手法に関して言えば、トレンド相場、レンジ相場にそれぞれ特化したロジックと
マイキーゲールというマイキー田中さんオリジナルのロジックがあります。

順張り、逆張り対応のスキャルピング手法

「24FX」でメインとなるスキャルピング手法は、
トレンドフォローの『Tトレード』と、レンジでの逆張り手法『Rトレード』です。

  • Tトレード(トレンド相場)・・・押し目、戻りを狙ったトレンドフォロー
  • Rトレード(レンジ相場)・・・・上限、下限のラインに反発させる逆張り

相場状況のトレンドとレンジを見誤った時に負けてしまう可能性が高いです。
ですので、相場の見極め、見分け方というのが一番重要なポイントとなります。

リスクヘッジロジックの「マイキーゲール」

上記のほかに、リスクヘッジ(リスク回避)として、
マイキー田中氏が考案した「マイキーゲール」のロジックがあります。

マイキーゲールとは、負けをなかったことにしてしまうリカバリー手法とのことですが、
ナンピン・マーチンゲール同様の手法です。

マーチンゲール法とは、勝つまで掛け金を倍にしていく手法です。

この手法であれば10回負けたとしても、11回目に勝てば、過去に投資したマイナス分は取り返すことは可能です。どんなに負けていたとしても、1回勝てばトータルで利益が出る(損失がなくなる)ような仕組みとなっています。

ですが、この手法はあまり現実的な方法とは言えません。

倍々ゲームなので、投資金額がすぐに天文学的数字となってしまいます。相当な資金を要するので、無尽蔵の資金があれば実行可能ですが、一般の人が普通に使えるものとは思えません。

ハイリスク・ハイリターンの戦略になります。

24FXの返金保証制度

24FX~24時間いつでも好きなだけ利益を狙える新手法~には返金保証があります。
ただし、返金を受ける場合には以下の条件を満たす必要があります。

【返金の条件】
1.購入後90日間トータルで1円も利益が出ていない。
2.90日間のメールサポートを3回以上利用している。(「質問→回答」を1回とカウント)
3.24FXの手法を100回以上トレードした約定履歴をご提出いただき、弊社側でチェック後、ルール通りに実践していると判断されている。(トレードは新規注文から決済までを1回とカウント)

24FXの手法を使い90日間で100回以上のトレードというのは、そんな簡単にできる手法ではありません。

このナンピン・マーチンゲールに類似した手法では、それなりに多額の資金が必要となり、
返金を受けられる教材代以上に損をしてしまう可能性があります。

そう考えると、返金条件に該当するようなケースというのは、かなり限定されてしまいます。

初心者向けの商材ではない

24FX(トゥエンティーフォーFX)は少なくとも、初心者向けの商材ではありません。

販売ページではあたかも簡単に勝てそうなことを言っていますが、文面通りに「簡単に稼げる」という安易な気持ちでトレードするのは大変、危険です。

「いつでも利益が狙える」「どっちに動こうが利益を取る」というのは、相場がどちらに動いても
ナンピン・マーチンが効果的に機能すれば利益を得ることが可能ということです。

まともに取り組むとかなりリスクが高いので、手を出さない方が良いと思います。こんなトレードを続けていたら、いつかマーケットから退場する日が来てしまいます。

ローソク足を使ってもFXは勝てます。肝心なのは使い方です。

Maestro FX(マエストロFX)のような教材ならローソク足の正しい読み方から教えてもらえます。

◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。