ドルスキャワールドFX

米ドル/円(USD/JPY)の1分足に特化したスキャルピングツール

米ドル/円の1分足、スキャルピングに特化したFXツールです。

ドルスキャワールドFXがシグナルに従うだけの簡単ツールとして、
一部トレーダーの間では、比較的人気の高いFX商材となっています。

販売者は、これまでFXの業界ではあまり名前を聞いたことがない株式会社金馬新聞という会社です。

代表者のカズヤングこと岩本和也さんは、もともと競馬の予想を行う「金馬新聞」という会社およびブログを運営しています。競馬以外に、金船新聞というよく当たる競艇予想の情報販売もしています。

ギャンブルの世界からFXへという流れは、
大市民流FX資産構築メソッドの大市民さんに似たような経歴です。

ドルスキャワールドFXをレビュー

ドルスキャワールドFXは、MT4を使って売買サインを出すツールで、1分足スキャルピングのサインツールとなっています。

スッキリとしていて見やすいチャートというのが、最初の感想です。

このドルスキャワールドFXでは、エントリーと決済のサインは矢印で表示されます。

  1. 大きな矢印と同じ方向の小さな矢印でエントリー
  2. 逆の矢印が出たら決済

というルールは、単純明快です。

このほかに、取引する時間帯や重要指標発表の3時間以内はエントリーしない、といったルールがあります。

全てが機械的にルール化、初心者でも使えるというのが売りです。

そうした裁量を入れることなく、サインに従ってトレードするだけという手軽さが受けているのでしょうか。サイン通りの取引で1年間の勝率 75.3%、収支 538万8850円を稼ぐツールだということです。

ドルスキャワールドFX検証

1分足としては、1日のチャンスが少な目のように感じますが、1度のトレードで10pips前後の利益を狙ってコツコツと利益を稼ぐ、勝率優先タイプのようです。

ドル円1分足スキャルピング専門のドルスキャワールドFXの弱点としては、

  • ドル円以外の通貨ペアでは利用できない
  • シグナルと同時にエントリー、イグジットできるように、チャートに張り付く必要がある
  • 逆張り(カウンタートレード)が基本なので、急激な相場変動には弱い

といった点が挙げられるかと思います。

1ヶ月間無制限のメールサポートがあり、
インジ設定については無料で遠隔サポートしてくれるサービスも付いています。

使える時間帯が決まっている

このドルスキャワールドでは、これまでの統計的に勝率が高い時間帯というのがわかっています。

そのため、エントリー推奨時間が下記のとおり決められています。

08:00~09:00 早朝
10:00~13:00 午前から昼過ぎ
17:00~22:00 夕方から夜
02:00~04:00 深夜(金曜以外)

トレードの成績はブログで公開

ドルスキャワールドFX(ドルスキャFX)は、毎日の取引結果をオフィシャルブログで公開しています。

【公式収支公開ブログ】1分足ドル円専門スキャルピングインジケータ・ドルスキャワールドFXブログ
>> http://blogfx0724.blog.fc2.com/blog-category-9.html/

ただし、この成績はリアルトレードの実績ではないので、参考程度で捉える必要があります。

ドルスキャワールドFXの評判

サイン通りにエントリーして、サイン通りに決済した場合の結果、計算値のようなものです。

ロジックは完全に公開

ドルスキャワールドFXには使い方説明書やサインマニュアルが用意されており、
MT4にインジケーターを設定する方法や取引ルール、シグナル発生のロジックまでが公開されています。

これを読めば、矢印表示に使用されているのは、

  • 大きい矢印・・・ウィリアムズ%R
  • 小さい矢印・・・ストキャスティクス

売られ過ぎ、買われ過ぎを判断できるテクニカル指標をベースにしたもの、
ということなどが分かります。

サインツールに使われているロジックを理解することで、
チャートを見ながら円滑にトレードでき、サインの精度をより高めることが可能となります。

1分足スキャルピングでどこまで再現できるか「使い方次第」

ロジックに関しては王道的な手法ですが、1分足のスキャルピングは初心者には不向きなところがあります。

瞬時の判断と正確なエントリーが必要で、どこまで同じように再現できるかが勝負の分かれ目となります。

また、マルチタイムフレーム分析による環境認識を行わないため、
1分足という短い足だけでサインの精度がどれほどのものであるか、シビアに評価していく必要があります。

なお、ドルスキャワールドFXにおいては損切りのポイントが決まっていないので、大きな損失を被る可能性も完全には否定できません。万が一の場合に備えてコツコツドカン対策というのは、やはり考えておくべきかと思います。

使い方次第なので、期待値は未知数です。

◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。