トレテンワールドFX

トレンド転換シグナルのサインツール

トレンド転換シグナルのサインツールが特徴の「トレテンワールドFX」というFX商材が販売されています。

株式会社金馬新聞のカズヤングさんが販売者です。

カズヤング氏と言えば、前作の「ドルスキャワールドFX」については以前、検証しています。

>> ドルスキャワールドFXの検証記事

ドルスキャワールドFXは、レンジ相場を得意とする1分足のスキャルピングということで、
チャートに張り付かなくてはいけないデメリットがありました。

このトレテンワールドFXは、レンジにとても弱いツールなのですが、

  • チャートをずっと見張る必要なし
  • 1時間足でゆっくりトレード
  • メール通知機能で外出先やスマホでもOK

というタイプが全く違う、どちらかと言えば、真逆のような商材です。

これまたドルスキャワールドFXが苦手としていた、
トレンド転換がしやすいポイントや、トレンドが出やすいタイミングを狙います。

トレテンワールドFXをレビュー

トレテンワールドFXトレンド転換を狙うサインツールがメインで、解説用のPDFファイル(19ページ)があります。

チャートが下降している最中に突然出る大陽線や、上昇している最中に突然出る大陰線
これをトレンドの転換合図とし、サインを出すツールとなっています。

サイン点灯の元となっているのは、「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」のオシレーターのようです。

こうしたシグナルの根拠について公開しているのは、販売が同じドルスキャワールドFXの他には、
プラチナターボFXプラチナクベーラFXくらいでしょうか。

FXトレード手法としては、デイトレードで逆張り。
推奨通貨ペアはドル円・ユーロドル・ユーロ円の3通貨ペアで、1時間足を利用します。

これで1日平均1.07回のエントリー回数です。エントリーチャンスは思っていたより少ない感じがします。

移動平均線のみを表示するチャートはすっきりしていて見やすく、
ツールの使い方は、単純でわかりやすい印象です。

MT4をプラットフォームとしているFX会社であれば、トレテンワールドFXはどこでも利用できます。

分かりにくい裁量は不要、シストレ手法

シグナルに従ったシストレ手法で、トレード方法は非常に簡単。分かりづらい裁量は一切ありません。

一般的に、トレンドの転換点の見極めは簡単ではないのですが、
エントリー、決済ともに、ルールがきちんと決められているので
初心者の方でも迷うことなく、安心してトレードすることが出来ます。

具体的には、直近の大矢印と同方向に小さな矢印が点灯して、ローソク足の色が変わったらエントリーです。エントリーした後はOCO注文で、利益確定(指値)と損切り(逆指値)を入れます。

トレテンワールドFX、利益確定と損切り

このときにサインを出したローソク足の実体の長さがそのまま利確幅、損切り幅となります。

ただし、利益確定もしくは損切りが5pips以下になる場合はエントリーを見送る、という
追加ルールがあります。

こうして誰でも、出現したすべてのサインでエントリーし、ルール通りに決済することが可能です。

トレテンワールドFXではフィルターを組み込んであるので、サインを裁量で取捨選択する必要がない、
というわけです。

トレンド転換を狙っているのに、ローソク足1本分の値幅しか狙わないのはもったいない感じもしますが、開発者の検証に基づいた結果なのでまずはルールをちゃんと守った方がいいと思います。

不利な時間帯はトレードしない

不利な時間帯はトレードしないというルールもあります。

トレテンワールドFXでの推奨時間帯は、15~20時24時~25時となっています。

15~20時はアジアからヨーロッパに市場が移る時間、
24時~25時はロンドンフィックス後で、相場の流れが変わりやすい時間です。

もちろん、サインツールのシグナルも、推奨時間帯以外では点灯しないようになっています。
(点灯しない時間帯を変更したり、全時間表示にしたり設定はアレンジすることができます。)

EAが付属

このトレテンワールドFXでは、自動売買版(EA)特典のひとつとして付いています。

EAを設定しておけば、エントリー・利益確定・損切りの取引をすべてプログラムが自動でやってくれます。サインの見逃しや、取りこぼしもありません。完全放置での取引が可能です。

なお、特典終了後、EA版は有料での販売になるとのことで、EA無料配布は、今だけの特典です。

手間がかからず、今後に期待ができるシステム

「トレテンワールドFX」はトレードの負担が非常に少ないのが良い点だと思います。

1時間に1回のチャートチェック、エントリーしたらOCO注文するなど、
トレードのストレスをできる限り減らす工夫がされています。

手間がかからず、サブ的な手法としても使えるので、タイプの異なるドルスキャワールドFXとの併用なども期待できるかと思います。

このトレテンワールドFXはサインに従って無裁量で運用できる
というのを売りに、FX初心者を対象にしています。

ただ裁量を入れずそのままで実際に稼げるかどうかは、ツールの性能、トレード成績というのが全てです。

ですが、公開されているのは、バックテストの結果のみです。

ツールの優位性を判断するための「重要な情報」は一切非公開となっています。

時給64,167円の衝撃というのも、シグナルをEA化してバックテストの結果から得られた数字のようです。バックテストで良い成績なのは、どの商材を見ても同様で、あまり参考にならないと考えています。

フォワードテストなど、より信ぴょう性の高いデータをぜひ公開してほしいと思います。

◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。