ネオ・ジーニアスFX

ネオ・ジーニアスFXのレビュー

1トレードで300pipsなど大きな利益を出すことが可能な「相場の未来が分かる!究極の次世代FX」と謳われている、期待の情報商材がネオ・ジーニアスFXです。

ネオ・ジーニアスFXのやり方を習得すれば、相場の天井と底を予測することができるようになるとのこと。勝率がもの凄く高い手法だそうです。

具体的には、「ハーモニックパターン」と呼ばれる手法に似たもので、日足を使ったスイングトレードでの逆張り手法です。

日足、4時間足をあわせて、1年で300回ほどのチャンスがあり、OCO注文でエントリー後は、ほったらかしにすることが出来ます。

教材の中身としては、動画講義が中心となりますが、トレーリングストップなど応用的な裁量手法についての解説もあります。秒速スキャルFXなどでお馴染みのFX-Katsu先生とミナミハルカさんのナビゲートでより分かりやすく編集されています。

また、3つのサポート体制があるので安心して、FXでの資産運用に取り組むことができます。

  1. 無制限・回数無制限のコメントサポート
  2. 回数無制限のメールサポート(90日間)
  3. 末永幸樹の特別フォローアップ動画

若き天才トレーダー、末永幸樹による初リリース

このネオ・ジーニアスFXを開発したという末永幸樹さんは、13歳から投資を始めたという、経歴7年の専業トレーダーだそうです。FX商材の発売は今回が初めてのようです。

末永幸樹

日本国内でのFX口座開設の年齢を調べると、18歳以上とほとんど決まっています。また、海外でもほとんどの会社で制限があります。

なので、13歳からFXで勝ち続けている弱冠20歳のトレーダーという経歴は疑問に感じる部分がありますが、内容については真っ当なものと思います。

専用の2大ツールで、稼ぐプロセスを大幅に短縮

奇跡の「Futureロジック」といわれる手法を誰もが再現しやすいように、ネオ・ジーニアスFXでは専用の2大ツールが用意されています。

  • Futureライン生成自動生成ツール
  • Futureロジック専用サインツール

Futureラインというトレンドラインが自動されるツールでエントリー、決済ポイントが一目で分かるようになっています。チャートを見ていると、必要なタイミングでサインが出て、アラートが鳴ります

このFXツールにより再現性100%。また、日足なので1日1回のチェックでOKという便利ツールです。

初心者でもできる限り、講師と同じトレードが完全に再現できるよう工夫されています。

応用ロジック

ネオジーニアスFXの応用ロジックとして、基本ロジックをベースとしながら、さらに移動平均線等を利用してエントリーチャンスを増やす手法が解説されています。

日足専用の付属のサインツールのほかに、別売りで応用ロジックを再現できるサインツール(17,800円)も用意されているようです。こちらは1時間足・4時間足を使って利用できます。

ハーモニックパターンについて

一般的にハーモニックパターンは、チャートパターンとフィボナッチの組み合わせでできており、それにより未来を予測します。

このハーモニックパターンについては色々な書籍で解説されており、ネット上ではハーモニックパターンFXマニュアルというFX商材まで売られています。

ただし、ハーモニックパターンには10種類以上のパターンがあり、どのパターンを使うのか、どちらかと言えば上級者向けの手法となっています。

「ネオ・ジーニアスFX」でも同じように、基本はまずチャートから三角形を探します。

その場所から未来の転換地点を予測して、逆張りで仕掛けます。

チャートのパターンからどこで転換するかを読み解いて、逆張りを仕掛けていく手法です。そして、そのエントリーロジックは直近の最高値、上値抵抗に負けて下落するところ、1点狙いです。

なので、ハーモニックほど複雑ではなく、とてもシンプルなロジックとなっています。

ピンポイントで仕掛けるため、損切りが浅く済むのもいい点かと思います。

相場の反転ポイントを予測するトレード手法

相場の反転ポイントを予測するだけで、簡単に稼げそうな感じが販売ページからは伝わってきます。

目印となるチャート上の三角形を見つけるためにネオ・ジーニアスFXのオリジナルツールが大変便利です。

チャートパターンの認識は人によって違うこともあるため、付属のツールを使うことで簡単に判断できるようになっています。再現性の高い手法・教材となっているため、安心して利用できると思います。

そのため、チャートに張り付かず、ゆったりとFXトレードができます。

ただし、裁量に頼らなければならない部分もあり、

  • チャートパターンは完全な形状ばかりではない
  • トレードチャンスは少ない(日足なので待つのは大変)
  • 複数通貨ペアを監視する必要がある

といった点には注意すべきです。

バックテストでは複数の通貨ペアで概ね良好な結果を示しているように見えますが、
実際のところはフォワードテストをしてみなければわからない側面もあると思われます。

なお、あらためて言うまでもありませんが、どんなプロトレーダーでも、相場の未来を完全予測して、 勝率100%なんていうのは不可能だということは理解しておいてください。

スキャルピングやデイトレードとの相性がいいとか、ポジションを長く持ち続けることをリスクと考える人でなければ、ネオ・ジーニアスFXは無理なく実践できる教材だと評価いたします。


◎実践された方の評価や感想(体験談や喜びの声)など、公式サイトでご確認下さい。